2016年3月10日

今日を支配するもの~異次元ニッポンのおカルト革命



そして、『「経済人」の終わり』と…


今日を支配するもの…。


「経済人」の終わり―全体主義はなぜ生まれたか
http://www.amazon.co.jp/dp/447837211X

「われわれ全員の人生があの時代の影響を受けた。われわれはいまだに、「何が起こったのか」ではなく、「どうすればあの事態を防ぐことができたか」を考えている。過去を説明することよりも過去を再現させないことに心を奪われている。」

「あの頃の年月は、われわれにとっては昨夜の悪夢である。心に傷は残っているし、夢を見たことは忘れられない。だがもはや苦しめられてはいない。いまでは、なぜあのようなものに屈服させられたかさえ理解できない。そのため理解しようともしない。そもそも理解することが無駄に思われる。いったい、無意味なことをいかに説明し、いかに理解したらよいのか。」

「本書が世に現れて以来、1930年代のファシズム全体主義を理解し説明しようとする試みが行われていないもう一つの理由は、おそらくそれが必要ないと思われたからである。われわれは、あの特殊な病いに対しては免疫があり、もう患うはずはないと考えている。しかもそのような考えは、ヒトラーとナチスについてだけではない。ソ連においてさえ、きわめて多くの人たちが「スターリン時代は二度と来ない」と信じているかのようである。」

「しかし本当に大丈夫だろうか。何らかの全体主義がわれわれを再び襲い、圧倒することを予感させる兆しはないか。確かに今日の問題は20年代や30年代の問題とは大きく異なる。現実の世界も大きく異なる。しかし、今日の状況に対するわれわれの反応は、ヨーロッパをファシズム全体主義と大戦に放り込むことになった「大衆の絶望」に不吉なほど似ている。

(ドラッカー 『「経済人」の終わり』 1969年版へのまえがき)
http://koibito2.blogspot.jp/2014/05/501-2014513.html

-------------------------


ドラッカー「しくじった神としてのマルクス社会主義」



《内容的には合衆国憲法と同じか、それ以上に優れたものでありながら、社会的に意味をなさず、したがって自由の擁護に失敗したという憲法はいくつもある。1919年から1933年にいたるワイマール憲法がその典型である。》
P.F.ドラッカー『産業人の未来‐改革の原理としての保守主義』


そして、「日本国憲法」と…



(書きかけ)





明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

明日を支配するもの-21世紀のマネジメント革命
ダイヤモンド社 (1999/03)
http://www.amazon.co.jp/dp/4478372632/




『ドラッカー 365の金言』デスクトップ・カレンダー
http://www.dcbs.jp/download/index.html



(2013年9月15日)

252 件のコメント:

  1. 組織は信頼によって成立し、信頼はコミュニケーションと相互理解によって成立する。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『自らをマネジメントする』

    「集団と個」
    あなたの貢献を必要とする人たちと、あなたが貢献を必要とする人たちを挙げ、それぞれの果たすべき貢献の内容を考えてください。


    (2013年9月15日)
    -----------------

    大衆の信仰は組織ネットワークが手がけたミッションによって成功し、組織は異化様とイリュージョンによって成立している。
    『異次元を支配するもの』
    eミッション『自らを神化カスタマイズする』

    「集団と個」
    かれらの貢献を必要とする人たちと、かれらが貢献を必要とする人たちのもちつもたれつの関係をよく見極め、それぞれが手がけてきた異化様幻惑スキームの内容をよ~く考えてみてください。
     

    返信削除
  2. 昇進を重ねる有能な上司ほどありがたい存在はない。
    『経営者の条件』
    eラーニング『上司をマネジメントする』

    「上司のマネジメント」
    あなたが役に立っていること、邪魔になっていることを聞いてください。

    (2013年9月16日)
    ------------------

    国の役所の審議会のイエスマン委員に選任されるよき人柄の異化様ボスほどありがたい存在はない。
    『異化様の条件』
    eミッション『異化様ボスをもちあげる』

    「異化様ボスの長靴をはいた猫に徹する」
    かれらが望んでいること、邪魔になっていることを思慮推量して、陰に陽に工作ミッションに励んでいます。
     

    返信削除
  3. >行き着く先は日本の闇
    http://tokumei10.blogspot.jp/2013/09/blog-post_16.html

    「日本の闇」って何ざましょ…(笑)。

     

    返信削除
  4. 問題が起こったとき手を貸せないのであれば意思決定に関与してはならない。
    『マネジメント・フロンティア』

    「高齢の役員」
    役員の定年規定を定めてください。結果が出るころにはいなくなっている人たちだけで意思決定を行うことのないようにしてください。

    (2013年9月22日)
    -------------------

    問題が起こったとき誰も手出しができないように先回りに手をうっておいて意思決定に関与しています。
    『異次元ミッション・フロンティア』

    「役人や御用学者の恒例行事」
    天下り渡りの役人には定年なぞ実質存在しない。不都合な結果が出るころにはすっとぼけやほっかむりできる無責任な立場に転籍できる人たちだけで意思決定を行うというのが常套手段。
     

    返信削除
  5. データをとる行為はデータの対象とデータをとる人を変える。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「データの非客観性」
    データをとること自体が事態を変えます。データをとるのは、価値ありと組織が考え目標とするものだけにしてください。

    (2013年9月24日)
    ----------------------------

    データを捏ねる不正行為はデータ対象が属する情報環境はもちろんのことデータを捏ねたヒトビトの人生をも変える。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「データの恣意性」
    データを捏ねること自体がポジションを危うくさせます。データを捏ねるのは、我田引水漁夫の利の一大チャンスありと組織のビジョンとし用意周到に仕込んだミッションだけにしています。たまにバレるのは意図的にバラしてあえて騒動を起こす必要のあるものです。
     

    返信削除
  6. 今日の組織が最も必要としているものが外部に向けた感覚器官である。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「成果のためのデータ」
    顧客満足、購買行動、技術進歩、競争状態、政府政策など、外部の世界についての情報システムを構築してください。

    (2013年9月25日)
    ----------------------------

    今日の異化様組織が最も必要としているものが閉じた内部を形成するための結界とそのための外部にある脅威や恐怖を演出するための幻惑幻想ネタである。
    『真似事面徒(エッターナル版)』

    「創造世界のための異化様データ」
    安全安心、予知予防先回り戦略、科学欺術、常在戦場の闘争状態、異化様政策など、内部の世界についての情報統制システムを構築しています。
     

    返信削除
  7. データ化できないものを考えなければならない。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「データ化できないもの」
    重要な情報のうち、データ化できるものとできないもののリストをつくってください。それぞれについて定量的分析とともに定性的分析を行ってください。

    (2013年9月26日)
    ----------------------------

    ほんらいデータ化できないものをデータ化することを考えなければならない。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「異化様なデータ化にコネコネできるもの」
    重要な異次元幻惑情報のうち、異化様データ化したもののDB事業を策定しています。それぞれについて先回り戦略とともに持続的戦略を行っています。
     

    返信削除
  8. 教会を建てているといえることが重要である。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「スペシャリストの錯覚」
    全員が自らの貢献を知ることのできる体制を構築してください。

    (2013年9月29日)
    -----------------------------

    教義を創造したといえることが重要であった。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「テクノクラートの錯誤」
    全員を自らの過ちに巻き込んでしまう体制を構築してしまった。
     

    返信削除
  9. 第五十回 オカルトと私 (2013.09.29)
    わき道をゆく~魚住昭の誌上デモ
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36950

    《8月17日のAFP電によると、CIAが米ネバダ州の砂漠地帯にある「エリア51」に関する文書を公表した。

    長い間、エイリアンの研究施設ではないかという噂のあったエリア51だが、実際には冷戦時代に高高度からソ連を偵察するU2型機の試験場だったそうだ。

    1955年、秘密裡に開設された試験場で、U2型機は当時、有人飛行が不可能とされていた6万フィート以上の高度で試験飛行を繰り返した。それを目撃した民間機のパイロットらがUFOだと早合点したことが、エイリアン研究施設の噂につながったらしい。

    なんだそういうことか。うれしいような悲しいような複雑な気分である。私の中には、ことの真相を究めたいという気持ちと、オカルト話を信じたがる夢想癖が同居しているようだ。》
     

    返信削除
  10. 神々が見ている。
    『創生の時』

    「完全の追求」
    いかに難しくとも、仕事で完全を求めてください。

    (2013年10月1日)
    -----------------------------

    神の手が疼いている。
    『創造の時代』

    「異化様の追求」
    いかに難しくとも、異次元幻惑ミッションで完璧を求めています。
     

    返信削除
  11. 何が受け入れられやすいかではなく何が正しいかを考えなければならない。
    『経営者の条件』

    「意思決定と妥協」
    今直面している意思決定について、妥協前の結論を書き出してください。

    (2013年10月3日)
    ----------------------------

    常に何が正しいかよりもまずは何が受け入れられやすいかを念頭において考えています。
    『異化様の条件』

    「アリバイ作りのための意思決定プロセスとミッション」
    今直面しているミッション計画について、意思決定前にすでに結論を導き出しています。
     

    返信削除
  12. 意思決定においては意見の対立がなければならない。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「意図しての不一致」
    いろいろな考えの人を意思決定のプロセスに参加させることによって、意図して意見の不一致をもたらさせてください。誰が正しいではなく、何が正しいかを考えてください。

    (2013年10月6日)
    -----------------------------

    医科様幻惑事象においては「意見の対立」すらヤラセ演出しています。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「意図しての全会一致」
    いろいろな分野のイエスマンを意思決定のプロセスに参加させることによって、意図して意見の全会一致をもたらさせています。何が正しいかではなく、誰が正しいかにお墨付きを与えます。
     

    返信削除
  13. 一つでも必要なステップを省くと意思決定はできの悪い壁のように崩れる。
    『経営者の条件』
    『成果を生む意思決定』

    「意思決定のステップ」
    現在直面している問題は何でしょうか。問題を完全に把握するまでは意思決定に取りかかってはいけません。

    (2013年10月7日)
    ----------------------------

    どんなに慎重かつ厳重に異化様なステップを積み上げても幻惑案件はいつか必ず自壊自滅するウソの壁でしかない。
    『異化様の条件』
    『異化様成果を生む異次元幻惑国家』

    「異次元へのステップ」
    現在直面している問題は大したことではありません。問題を完全に把握されないうちにすばやく異化様幻惑に取りかかっています。
     

    返信削除
  14. 優れた外科医が不要な手術を行わないように不要な意思決定を行ってはならない。
    『経営者の条件』
    『成果を生む意思決定』

    「意思決定の必要性」
    直面している問題を3つあげ、それぞれが外科医の直面するケースのいずれかに該当するかを考えてください。

    (2013年10月8日)
    --------------------------

    異化れた異化様氏がインチキな幻術幻惑を積極的に手がけるように異次元でおカルトな国家政策(国策)をどんどん推進しています。
    『異化様の条件』
    『幻惑成果を生む国家政策』

    「異次元国家の必然性」
    直面している異化様幻惑スキームを3つあげ、それぞれがどの異化様クラスターに属するスキームに該当するかを考えています。
     
    ①地球温暖化幻惑 ②パンデミック幻惑 ③清浄国幻惑
     

    返信削除
  15. 最も多く見られる誤りは一般的な問題を例外の連続とすることである。
    『経営者の条件』
    『成果を生む意思決定』

    「問題の分類」
    あなたの組織が直面している問題のうち、一般的な解決を必要とする一般的な問題をあげてください。例外的な解決策を必要とする例外的な問題をあげてください。

    (2013年10月9日)
    --------------------------

    最も多く見られる異化様は荒唐無稽の論外な問題を一般的な事象にすりかえることである。
    『異化様の条件』
    『幻惑成果を生む異次元国家』

    「幻惑マターの分類」
    かれらの組織ネットワークが仕立て上げた幻惑スキームのうち、①一般的な解決を必要とするさもさも例外的なものに仕立てられた異化様案件をあげてください。②トンデモな解決策ミッションを必要とするように仕向けられたインチキ異化様なトンデモ案件をあげてください。
     
    ①口蹄疫、鳥インフルエンザなど
    ②BSEプリオン病、新型インフルエンザパンデミック、地球温暖化など

    返信削除
  16. ①はしか、風疹、ポリオ…
    ②子宮頸がんHPV、C型肝炎HCV、エイズHIV、胃がんピロリ菌…
     

    返信削除
  17. 間違った問題提起への正しい答えほど修正の難しいものはない。
    『経営者の条件』
    『成果を生む意思決定』

    「間違った問題提起への正しい答え」
    このメーカーは何を間違ったのでしょうか。

    (2013年10月10日)
    ----------------------------

    正しい問題提起への間違った答えほど異化様で紛らわしいものはない。
    『異化様の情景』
    『幻惑を生む異次元国家』

    「正しい問題提起への間違った答え」
    この幻惑マターは何をどのようにすりかえたのでしょうか。
     

    返信削除
  18. すべてを包含しなければ正しい問題提起とはいえない。
    『経営者の条件』
    『成果を生む意思決定』

    「正しい問題提起の条件」
    あなたの組織での間違った問題提起の実例をあげてください。正しい問題提起を行うにはどうすればよかったと思いますか。

    (2013年10月11日)
    ----------------------------

    すべてを包含しようとすれば清く正しく美しい異化様幻惑は行いえない。
    『異化様の情景』
    『幻惑を生む異次元国家』

    「清く正しく美しい異化様幻惑の情景」
    かれらの異化様ネットワークが手がけ成功した異化様幻惑の実例をあげてください。清く正しく美しい異化様幻惑に仕立て上げれたのはどうしたからよかったと思いますか。
     

    返信削除
  19. 意思決定のレベルには2つの原則がある。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「意思決定のレベル」
    意思決定は、行動に近い低いレベルで、しかし影響を受ける期間の長さと活動の範囲、考慮に入れるべき定性的要因の数、問題の特殊性に応じて高いレベルで行ってください。

    (2013年10月15日)
    -------------------------------

    異化様幻惑のレベルには2つのトリックがある。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「異化様幻惑のレベル」
    異化様幻惑は、現場に近い低いレベルで、しかし影響を受ける機関のネットワークとミッションの範囲、考慮に入れるべき幻惑的スキームの数、陽動かく乱騒動の意外性に応じて高いレベルで行っています。そして、「ある」ものを「ない」とし、「ない」ものを「ある」と、目いっぱい脚色演出を施します。
     

    返信削除
  20. >いま霞ヶ関や日本橋では、本書がよく読まれているという。初版は1963年だが、ヒトラーの出てくる前からずっとワイマール共和国の生い立ちを追いかけた日本語の本は少ない。ワイマール憲法を美化して「ナチスが理想の憲法を破壊した」という類の話が多い中で、著者(林健太郎)は冷静に憲法の欠陥を分析している。

    >著者の指摘するワイマール体制の根本的な弱点は「ドイツ国民が帝政に慣れて、みずから国家を運営する意識に欠けていた」ことだった。

    >幸か不幸か日本では「上からの強力な支配」が出てこない。ヴェルサイユ体制のようなわかりやすい敵もないため、日銀をユダヤ人のような悪役に仕立て、ヒトラーのようにバラマキ財政で「景気回復」をはかる人々もいるが、彼らの能力はとてもヒトラーには及ばない。

    >ワイマールと日本に共通しているのは、経済問題は最終的には政治の問題であり、政治が何も決めないと経済問題は解決しないということだ。

    返信削除
  21. 論点や着目点がずれているのは“意図的”なもの?(笑)。
     

    返信削除
  22. 日本の支配体制ガバナンスは、言うなれば、あの「動物農場」に描かれている世界と同じようなものなのさ…。

    「主役はブタ役人とカモ国民」(笑)。
    https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%BB%E5%BD%B9%E3%81%AF%E3%83%96%E3%82%BF%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%A2
     

    返信削除
  23. 決定的な権力が正統性を欠くとき社会は社会として機能しない。
    『産業人の未来』

    (2013年10月16日)
    ----------------------------

    意思決定的な霞が関大本営が正当性を欠いている異次元おカルト国家ニッポンは国家として機能していない個人商店のようなもの。
    『異次元の現在』
     

    返信削除
  24. 宗教は、神の王国を捨ててまで社会を受け入れることはできない。
    『「経済人」の終わり』1969年版への序文

    「社会の良心」
    社会においては宗教は、政治勢力ではなく良心たるべきものです。今日の宗教の役割をどう見ますか。

    (2013年10月17日)
    ------------------------------

    おカルト異次元国家は、地上の楽園を実現するまで国家をコントロールせんと欲す。
    『「異化様」の終わり』2013年異次元へのプロローグ

    「異化様の邪心」
    国家においては異化様は、政治勢力であるとともにおカルト邪宗そのものです。今日のおカルト宗教の役割をどう見ますか。
     
    A.「信者」(儲)創造マシン
     

    返信削除
  25. 資本主義は利潤を積極的に評価した唯一の信条だった。
    『「経済人」の終わり』

    「資本主義の正当化」
    あなた自身とあなたの組織の経済活動が、社会的な目的の実現にどれだけ貢献しているかを考えてください。

    (2013年10月18日)
    ----------------------------

    アベノミクスは異化様幻惑を積極的に評価したおカルト社会主義の信条だった。
    『「異次元」の始まり』

    「異次元国家の正当化」
    かれら自身とかれらの組織の異化様幻惑ミッションが、おカルト国家的な異次元の実現にどれだけ貢献してしまったかを考えています。
     

    返信削除
  26. 利潤動機は物に対する支配欲を満足させる。
    『企業とは何か』

    「利潤動機の利点」
    人に対する支配欲よりは物に対する支配欲のほうがましであるとの考えに立ってください。

    (2013年10月20日)
    ----------------------------

    創作捏造動機は人に対する支配欲を満足させる。
    『異化様とは何か』

    「創作捏造動機の盲点」
    金に対する支配欲よりは人に対する支配欲のほうがより上位であるとの考えに立っています。

    何がしかの欲のない人にはそのトリックの効果もいまいち。
     

    返信削除
  27. 政府は形式を重視する。
    『断絶の時代』

    「政府の目的」
    社会的な問題について、政府機関よりも優れた仕事をしているNPOの例をあげてください。

    (2013年10月22日)
    ----------------------------

    異次元おカルト国家は持続可能性を重視する。
    『異次元の時代』

    「異化様組織の目的」
    異化様な問題について、霞が関大本営よりも異化れた仕事をしている組織機関の例はなかなかあげられない。
     

    返信削除
  28. 政府は、楽器の特性を理解する作曲家とならなければならない。
    『断絶の時代』

    (2013年10月24日)
    ----------------------------

    異次元おカルト政府は、異化様トリックの欺法を熟知する手練のイリュージョニストとなっている。
    『幻惑の時代』
     

    返信削除
  29. 募金とは資金源開拓のことである。
    『非営利組織の経営』

    「NPOの資金源開拓」
    資金集めに追われるNPOは存在意義さえ危うい状態にあるといえます。そのようなNPOを近くに見たことはありますか。説明してください。

    (2013年10月30日)
    -------------------------------

    募金とは詐欺的集金システムのことである。
    『異次元組織の幻惑』

    「公的機関の浄財募金詐欺」
    資金集めに追われる公的機関は存在意義さえ危うい状態にあるといえます。そのような研究機関を近くに見たことがあります。説明するまでもない。
     
    代表者がマラソンやってみたり…医科様尊師の因果応報自業自得。
     

    返信削除
  30. 情報の誤りは災厄を招く。
    『明日を支配するもの』
    『データ通から情報通へ』

    「外部についての情報システム」
    あなたの産業を変えつつある他産業発の新技術を3つあげてください。新技術についての情報システムを構築してください。

    (2013年11月2日)
    ------------------------------

    正しい幻惑情報は災厄を演出する。
    『今日を支配するもの』
    『異化様データをベースに幻惑情報から異次元構築へ』

    「内部についての異化様情報システム」
    かれらのガバナンスを変えつつある異化様組織発の神欺術を3つあげるとすれば、①持続可能な低炭素社会実現ミッション②パンデミック予防先回り制圧ミッション③世界浄化計画清浄国ミッションである。神欺術についての異化様情報システムを構築しています。
     

    返信削除
  31. 重要なことは、いかなる未来を今日の思考と行動に折り込むかである。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』
    『未来への決断』

    「不確実性時代のプランニング」
    未来のためのプランニングのプロセスを確立してください。意思決定の実行とモニタリングの体制を確立してください。

    (2013年11月8日)
    -----------------------------

    重要なことは、いかなる異化様を今日のビジョンとミッションに混ぜ込むかである。
    『マネージエンド(エッターナル版)』
    『異次元への決断』

    「異次元おカルト時代のグランドデザイン」
    異次元のためのミッションのプログラムを確立しています。意思決定の主体隠滅とプランニングの無責任体制を確立しています。
     

    返信削除
  32. 未来は望めば起こるわけではない。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「短期と長期」
    どの事業を捨てるか、あるいは力を入れるかについて考えてください。

    (2013年11月9日)
    -------------------------

    未来は強く望めばかならず起こる。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「チャンスとチャレンジ」
    常にどの異化様事業にチャンスがあるか、あるいはチャレンジする価値があるかについて考えています。
     

    返信削除
  33. 正しい方向づけを行なうだけでなく間違った方向づけをなくさなければならない。
    『現代の経営』
    『マネジメント~課題・責任・実践』

    (2013年11月15日)
    ----------------------------

    異化様な方向づけを行なうだけでなくおカルトな方向づけをなくしてはならない。
    『異次元の経営』
    『マネージエンド~創作・脚色・演出』
     

    返信削除
  34. 乱気流時代におけるマネジメントの最大の責任は自らの組織の生存を確実にすることである。
    『乱気流時代の経営』

    「乱気流時代の到来」
    組織を襲いつつある乱気流の原因が何かを考えてください。その対応策を考えてください。

    (2013年12月2日)
    ---------------------------------

    異次元時代における異化様ミッションの最大の戦略は自らの組織の持続可能性を確実にすることである。
    『異次元時代のミッション』

    「異次元時代の到来」
    社会を覆いつつある異次元の原因はどこに起因するのかを考えています。その異化様手品を考えています。
     

    返信削除
  35. 問題は技術ではない。ものの考え方である。
    『明日を支配するもの』

    (2013年12月5日)
    ----------------------------

    問題は欺術である。何事も「ウソは方便、モノは言い様」である。
    『今日を支配するもの』
     

    返信削除
  36. >「自立した個人」や「自己完結的な国家」というのも、(こういう)信仰の世俗化した形態であり、超越的な中心がないと機能しない。もともと中心のないグローバル秩序においては、こうした信仰を共有しない「異分子」が出てくると、秩序は崩壊してしまう。
    http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51880599.html
     

    そういう内部の「異分子」排除のための「特秘」保護法…
     

    返信削除
  37. 秘密保護法成立 国家安保戦略の深化につなげよ(12月7日付・読売社説)

     ◆疑念招かぬよう適切な運用を

     日本にもようやく米英など他の先進国並みの機密保全法制が整った。

     外交・安全保障政策の強化につなげる一方で、「知る権利」が損なわれるという疑念を国民から抱かれぬよう、政府は運用に十分配慮しなければならない。

     安全保障に関わる機密情報を漏らした公務員らの罰則を強化する特定秘密保護法が6日深夜、参院本会議で自民、公明両党の賛成多数によって可決、成立した。

     与野党が激しく対立する中、衆院で賛成したみんなの党が与党の「強引な国会運営」を批判して退席した。極めて重要な法律が異例の事態で誕生したのは残念だ。

     ◆統一的なルール明確に

     中国の防空識別圏設定の動きが象徴するように、日本の安全保障環境は厳しさを増している。

     米国はじめ各国から重要な情報を入手し、連携を強めねばならない。それには、秘密保護への信頼を高めることが不可欠だ。

     既に国家公務員法の守秘義務や1954年の日米相互防衛援助協定に伴う特別防衛秘密、2001年の改正自衛隊法による防衛秘密などの法制はある。

     それでも十分ではなく、日本は情報が漏れやすいと指摘されてきた。今回、防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止に関する、政府全体の統一的かつ本格的な秘密保全ルールが整ったと言える。

     今週発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の情報収集と分析の能力を高めていく上でも、欠かせない法制度である。

     ところが、国民を守るための立法趣旨が軽んじられている。

     審議の中で戦前、思想犯の弾圧に用いられた治安維持法になぞらえた批判まで出たのには驚く。戦後の民主主義国家としての歩みや政治体制、報道姿勢の変化を無視した暴論と言うほかなかろう。

     安倍首相が「一般国民が特定秘密を知ることはあり得ない。ゆえに処罰されることはあり得ない」と答弁したように、普通の国民が対象となることはない。

     ただ、法案審議を通じ、政府に対する国民の不信感が増したことも否めない。政府は、秘密保護法の趣旨を国民に丁寧に説明し、理解を求めていくべきである。

     与党と維新の会やみんなの党との協議で、秘密指定対象がより絞られ、指定解除後の公開原則も明確になったことは評価できる。

     ◆知る権利とのバランス

     参院審議の最大の論点は、官僚が恣意(しい)的に秘密の範囲を拡大するのではないかという点だった。

     秘密指定の妥当性をチェックする第三者機関として、首相は「保全監視委員会」を設けると約束した。菅官房長官も、内閣府に20人規模の「情報保全監察室」を発足させると言明した。政府側が次々と妥協を図ったと言える。

     第三者機関には実効性を持たせることが肝要だ。特に、警察庁や公安調査庁などテロやスパイ活動を取り締まる分野での秘密については、国民の不安が強いことに留意しなければならない。

     民主党は、政府内の組織では、機能を果たせないと言うが、民主党の提案するように与野党が指名した有識者による委員会で的確に検証できるのか、疑問だ。

     秘匿性の高い情報をどう扱うかという高度の判断は、政府の方針や国家戦略に基づいてこそ可能になる。情報漏えいリスクが高まる観点からも、政府内の監視組織の方が望ましい。

     最も懸念されるのは、公務員が懲役10年以下という厳罰を恐れ、報道機関の取材に対して萎縮しかねないことだ。秘密保護法を理由に情報を秘匿する恐れがある。

     個人情報保護法に対する過剰反応で、社会に必要な情報まで流通しにくくなった。その傾向に拍車をかけてはなるまい。

     ◆「原則公開」も問われる

     特定秘密の公開は原則30年後だ。延長する場合も一部例外を除き最長60年である。指定解除後の文書をどう公開・廃棄するのか、具体的な方策はこれからだ。

     秘密保護とセットであるべき情報公開制度にも問題がある。現行の制度では公開の幅が狭く、国民が情報にアクセスしにくい。

     特定秘密に関する訴訟が起きた場合、裁判官が対象文書を見ることができるようにしなければ裁判所としても役割を果たせない。

     国会の関与のあり方も、検討課題である。特定秘密の提供を受ける秘密会をどう運営するか、国政調査権との関係をどう考えるか、与野党は議論を深めるべきだ。

     公布後、1年以内に施行される。与野党は協議を重ね、より良い法制に仕上げてもらいたい。

    (2013年12月7日01時42分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131207-OYT1T00041.htm
     

    返信削除
  38. 「特定 秘密」
    http://www.2nn.jp/search/?q=%E7%89%B9%E5%AE%9A+%E7%A7%98%E5%AF%86&e=
     

    返信削除
  39. 誰かにできることは他の者にもできるということである。
    『明日を支配するもの』
    『データ通から情報通へ』

    (2013年12月9日)
    ---------------------------

    誰にもできないということは自分たちにしかできないということである。
    『今日を支配するもの』
    『データ操作から情報コントロールへ』
     

    返信削除
  40. 事業において重要なことは法的な所有関係ではない。経済連鎖である。
    『明日を支配するもの』

    (2013年12月18日)
    ----------------------------

    幻惑ミッションにおいて重要なことは科学的な因果関係ではない。異化様ネットワークである。
    『今日を支配するもの』
     

    返信削除
  41. 社会的機関は最適化ではなく最大化を目指す。
    『イノベーションと起業家精神』

    (2013年12月20日)
    -------------------------------

    幻惑的機関は正当化ではなく恒久化(持続可能性)を目指す。
    『イリュージョンと異化様精神(スピリット)』
     

    返信削除
  42. よいことを行うにはよい業績をあげなければならない。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「社会的責任の限界」

    (2013年12月22日)
    -----------------------------

    インチキ異化様なことを行うには有名な科学誌に論文を載せてノーベル賞をとればよい。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「社会的幻想の∞(無限大)」
     

    返信削除
  43. 自由と安全が両立しないならば大衆は安全を選ぶ。
    『「経済人」の終わり』

    「魔物の再現」
    ときとして、社会はなぜ全体主義を選択するかを考えてください。

    (2013年12月26日)
    ------------------------------

    事実現実と理念観念(欲求願望)が一致しないならば、ときとして大衆は幻想のほうを選ぶ。
    『「異化様」の始まり』

    「悪魔の芸術」
    異化様な施策を行うとき、役人組織はなぜ国民運動を演出するかを考えてください。
     

    返信削除
  44. 死臭を防ぐことほど手間のかかる無意味なことはない。
    『経営者の条件』
    『乱気流時代の経営』
    『未来への決断』
    『明日を支配するもの』

    (2014年1月5日)
    --------------------------

    腐朽を認識することほど脱力感をともなう無気力をおぼえることはない。
    『異化様の条件』
    『異次元国家の統制』
    『未来への決別』
    『今日を支配するもの』
     

    返信削除
  45. まだ行っていなかったとして今これを始めるかを問わなければならない。
    『明日を支配するもの』

    「廃棄が正しい選択」
    実際にこの質問を行ない、答えがノーであったならば、いかに愛着があろうとも廃棄の決断をしてください。

    (2014年1月6日)
    ----------------------------

    もう行なってしまったものは今さらやめるなど問うてはいけない。
    『今日を支配するもの』

    「復興再生が正しい選択」
    実際にこの認識に基づいて、だれにも有無を言わせず、いかなる困難にもめげず愛着あるふるさと再生の決断をしています。
     

    返信削除
  46. 知識労働者には自律性と責任がともなう。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『知識労働者の生産性』

    「知識労働者の自律性」
    重点、成果、期限を含む行動計画を作成し、上司に提出してください。

    (2014年1月8日)
    -------------------------------

    異化様幻惑には他律性と無責任がともなう。
    『今日を支配するもの』
    eミッション『異化様幻惑の持続可能性』

    「異化様幻惑の持続可能性」
    重点、成果、予算を含む異化様な行動計画があらかじめ作成され、それに沿って行動するようテクノクラート上層部から暗黙に指示されています。
     

    返信削除
  47. 自立した組織に代わるものは全体主義による独裁である。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「圧制に代わるマネジメント」
    さらに成果をあげるには何をなすべきでしょうか。

    (2014年1月10日)
    ----------------------------

    異化様な組織が繰り出すものはソフトファシズムによる異次元政策である。
    『アベノミクス(エッターナル版)』

    「幻惑で終わるアベノミクス」
    さらに税金をあげるには次のネタは何でしょうか。
     

    返信削除
  48. マネジメントとは人にかかわることであり善悪にかかわることである。
    「マネジメントの仕事を教える」『ニューマネジメント』

    「人のものとしてのマネジメント」
    一緒に仕事をしている人に悪い人がいませんか。そのことについて何かできることはありませんか。

    (2014年1月11日)
    -------------------------------

    アベノミックスと異次元にかかわることであり善悪を超越することである。
    「アベノミックスの異化様を教わる」『ネオアベノミックス』

    「特定の異次元人のためのアベノミックス」
    一緒に仕事をしている人に異次元人がいませんか。そのことについて何かできることがあるとすれば、そこをすみやかに静かに立ち去ることです。
     

    返信削除
  49. 意思決定の前提とすべきものが「すでに起こった未来」である。
    『新しい現実』

    「はじめに実践ありき」
    意思決定の前提にしているものを陳腐化していませんか。市場で勝つには、思考の枠組みを変えなければならないのではないですか。

    (2014年1月12日)
    ----------------------------

    意思決定の前提とすべきものが「持続可能な社会」である。
    『新しい幻惑』

    「はじめに異化様ありき」
    意思決定の前提にしているものを異化様しています。異次元のまやかしにかけて、人々の思考の枠組み(パラダイム)の転換を図っています。
     

    返信削除
  50. 重要なことはできないことではなく、できることである。
    『現代の経営』
    『経営者の条件』

    「組織の精神」
    同僚や部下の強みを見つけ、それらの強みを伸ばす手助けをしてください。

    (2014年1月15日)
    --------------------------------

    重要なことはできることではなく、できないことである。
    『異次元の経営』
    『異化様の条件』

    「異次元組織の異化様スピリット」
    同僚や上司の弱みを握り、それらの弱みを手助けするポストについています。
     

    返信削除
  51. 人の本性と、その社会における役割と位置づけについての理念が、社会を規定する。
    『「経済人」の終わり』

    (2014年1月20日)
    -----------------------------

    テクノクラートの大衆化と、それらが仕掛ける幻惑におけるミッションと定義づけについてのビジョンが、異次元オカルト国家を構築する。
    『「異化様」の始まり』

    返信削除
  52. 自らの強みを知り、それをいかに強化するかを知り、かつ自らのできないことを知ることが継続学習の鍵である。
    『創生の時』

    (2014年1月24日)
    -------------------------

    一般大衆の知識の弱みにつけこみ、それをいかに騒動に仕立て漁夫の利我田引水するかをもくろみ、かつ自分たちにしか対応できないネタに仕込んでおくことが持続可能なおカルト国家大本営の所業である。
    『創造(創作捏造)の時代』
     

    返信削除
  53. 継続と変革の両立こそ文明にかかわる中核の問題である。
    『すでに起こった未来』

    (2014年1月26日)
    --------------------------

    持続可能性と復興再生の両立こそ異次元にのめりこんだおカルト幻惑国家の要諦である。
    『すでに繰り返した過去』
     

    返信削除
  54. 中国産冷凍ギョーザ農薬混入事件…
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%86%B7%E5%87%8D%E9%A4%83%E5%AD%90+%E8%BE%B2%E8%96%AC%E6%B7%B7%E5%85%A5
     

    返信削除
  55. われわれは新しい現実へといたる峠を越えつつある。
    『断絶の時代』
    『新しい現実』
    『ポスト資本主義社会』

    「歴史の峠」
    昨日の問題に取り組んでいる同僚の目を覚まさせる方法を考えてください。

    (2014年2月1日)
    -----------------------

    われわれは異化様な異次元へといたる一線を越えてしまった。
    『幻惑の時代』
    『新しい幻惑』
    『ポスト異次元おカルト国家』

    「次元のはざま」
    明日の異化様問題に取り組んでいる同僚の目を覚まさせない方法を考えています。
     

    返信削除
  56. 知識は現実の政界にかかわらなければならない。
    『ポスト資本主義社会』

    「教育があることの意味」
    歴史の本から何を学んでいますか。どう仕事に反映させていますか。

    (2014年2月7日)
    ------------------------

    いまや異化様科学は現実の政策そのものです。
    『異次元おカルト国家』

    「大学があることの意味」
    科学のテキストで信者をたくさん作り出します。持続可能な異次元おカルト国家の体制基盤となります。
     

    返信削除
  57. 変革が常態となったからには継続性の基盤を堅固にしなければならない。
    『明日を支配するもの』

    「変革と継続の両立」
    決定や変更にあたっては、誰に知らせなければならないかを考えてください。

    (2014年2月8日)
    --------------------------

    異次元が常態となったからには持続可能な幻惑社会の恒久性を確保しなければならない。
    『今日を支配するもの』

    「幻惑と持続性の両立」
    異化様や創造(創作捏造)にあたっては、何を知らせてはいけないかをよく熟知しています。
     

    返信削除
  58. 動的な不均衡状態にある社会だけが安定性と一体性を堅持する。
    『イノベーションと起業家精神』
    『すでに起こった未来』
    『未来への決断』

    「不安定要因たるべき現代組織」
    前にイノベーションを行ったのはいつでしょうか。再び行なってください。

    (2014年2月10日)
    ---------------------------

    異化様な幻惑状態にある国家だけが異次元とおカルトを保持する。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    『すでに繰り返した過去』
    『異次元への決断』

    「恐怖と不安を煽ってやまない異化様組織」
    以前のイリュージョンを行ったのはいつか頃合を見計らって、再度行う機会を常にうかがっています。
     

    返信削除
  59. 自由とは選択の責任である。
    「産業人の自由」『バージニア・クォータリー・レビュー』誌所載

    「自由の本質」
    仕事上の目標としているものをあげてください。それらのうち、組織にとっての成果だけでなく、ご自身の自己実現にもつながっているものについて説明してください。

    (2014年2月13日)
    ----------------------------

    異化様とは認識判断についての無責任である。
    「異化様の勝手」『ネイチャー・サイエンス・こねこね』誌所載

    「異次元の本質」
    異化様仕事上の目標としているものをあげてください。それらのうち、組織にとっての成果だけでなく、ラボメンバー個々の自己実現にもつながっているものについてはかたくなに口をつぐみます。
     

    返信削除
  60. カリスマを警戒せよ。
    『新しい現実』

    「カリスマ待望は集団自殺願望」
    カリスマ性の有無に関係なく、あなたの組織で最も優秀な人の名をあげてください。

    (2014年2月14日)
    ---------------------------

    カリスマを仕立てよ。
    『新しい幻惑』

    「カリスマ演出は集団陶酔扇動」
    カリスマ性の有無に関係なく、かれらの組織で最も優秀なトリックスターの名前を売り込みます。

    返信削除
  61. 今日の産業社会に理念のないことが最大の問題である。
    『産業人の未来』

    (2014年2月17日)
    ------------------------------

    今日の幻惑社会に通念のないことが最大の問題である。
    『異化様の現在』
     

    返信削除
  62. 中央の計画によって経済を動かす社会はすべて滅びる。
    『現代の経営』

    「中央指令型経済の失敗」

    (2014年2月21日)
    ---------------------------

    中央の計画(プログラム)に従って世界をコントロールしようとするミッションはすべて幻影である。
    『現実の幻惑』

    「中央コントロール型計画(プログラム)の狂気」

    返信削除
  63. 未来を予測しようとしても無駄である。
    『創造する経営者』

    「未来をつくる2つの方法」
    すでに起こった経済や社会の断絶のうち、あなたの組織にとって機会となりうるものを1つ示してください。その先見の明に実を結ばせるための計画を立ててください。

    (2014年3月5日)
    ---------------------------

    未来を予知予言しようとすることは無駄ではない。
    『創作捏造する異化様』

    「未来をつくる2つのミッション」
    すでに起こされたワールドワイドでおカルトな幻惑のうち、かれらの組織にとって漁夫の利・我田引水のチャンスとなったものを1つ示すとなれば「気候変動」地球温暖化幻惑か。その杞憂の妄想スキームに盛るだけ盛って異化様な計画を立てています。
     

    返信削除
  64. 今日の常識が明日の非常識となる。
    『現代の経営』
    『すでに起こった未来』
    『未来への決断』

    「中核たるイノベーション」
    あなたやあなたの組織に硬直化の危険はありませんか。体系的にイノベーションを行なっていくための方策を考えてください。

    (2014年3月9日)
    ----------------------------

    昨日の非常識が今日の常識にすりかえられている。
    『異化様の幻影』
    『すでに繰り返した過去』
    『異次元への決断』

    「中核たるイリュージョン」
    かれらやかれらの組織に異化様のスキームがありふれています。体系的にイリュージョンを行う我田引水のカラクリが透けて見えます。
     

    返信削除
  65. 本物の変化とは人が行うことであり、流行とは人が言うことである。
    『ネクスト・ソサエティ』

    「機会としての変化の識別」
    業界内で起こっている変化について30分ほど同僚と話し合ってください。そして最大の変化を明らかにしてください。その変化を機会にしてください。

    (2014年3月10日)
    --------------------------

    異化様な世界的大流行とは人が行う情報操作であり、媒介伝播とは人が言う印象誘導である。
    『真トリックスター・ソサエティ』

    「チャンスとしての騒動の識別判定検査キット」
    異次元国家で起こっている異変について3分ほどメディアでとりあげたりします。そのようにしてさもさもな変化を過大に演出します。そしてインチキまやかしの幻惑を最大限チャンスとします。
     

    返信削除
  66. 1939年当時、人々にできたのは望み祈ることだけだった。
    『「経済人」の終わり』1969年版序文

    「本物のリーダー」
    現実を直視してください。直面することを避けてきた脅威にはどのようなものがありますか。それらの問題を解決するための計画を今日、立ててください。

    (2014年4月12日)
    ---------------------------

    2014年当初、大本営が人々にミテミテ仕掛けたのはSTAP騒動と豚下痢感染だった。
    『「異次元」の始まり』2014年序盤

    「割烹着リケジョのなんちゃってリーダー」
    現実を直視させてはいけない。直面することを避けるためのミテミテ脅威には「地球温暖化」「パンデミック」などさまざまな騒動があります。それらのインチキ異化様問題に対処するための対策計画を立てています。

    返信削除
  67. 産業の衰退の兆候は、能力と意欲のある者に訴える力をもたなくなることである。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「人材の確保」
    優秀な人材を惹きつけ留まらせることについて、能力、意欲、実績の面から具体的な目標を設定してください。

    (2014年4月16日)
    ----------------------------

    国家の衰退の兆候は、能力と意欲のある者がしだいに立ち去らざるをえない「地球温暖化」や「パンデミック」のような、おカルト異次元な政策にのめりこむことである。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「トリックスター人材の確保」
    優秀なトリックスターを見つけ出し脚色演出することについて、外見、容貌、風采の面から具体的なキャラを設定しています。

    返信削除
  68. 最も重要な昇進とはトップマネジメントが選ばれる母集団への昇進である。
    『創造する経営者』

    「最も重要な昇進」
    重要な昇進については、組織の価値観を重視するようあなたの影響力を行使してください。

    (2014年4月23日)
    ---------------------------

    最も重要なネットワーク・コネクションとはミレニアム・ミッションのトリックスターが選ばれる母集団への参画である。
    『創造する異化様』

    「最も重要なコネ」
    重要な幻惑ミッションについては、異化様組織のインチキ価値観をできるだけ広めるようかれらのメディア・コネクションを最大限に駆使しています。

    返信削除
  69. 意図がよくとも責任を果たしたことにはならない。
    『未来への決断』

    「企業の社会的責任」
    社会貢献活動においても、本業を見失わないようにしてください。

    (2014年4月24日)
    -----------------------------

    異化様ストーリーがいかに美しく理念的であってもつねに幻惑イリュージョンが成功するとはかぎらない。
    『異次元への決断』

    「異次元の異化様社会」
    異化様劇場ミテミテ工作進行中にあっては、現実を見失いがちになるのはいたし方がない。

    返信削除
  70. バブル時は怪しげな者までトップにのぼる。
    「ドラッカー特別インタビュー」『ザ・アカデミー・オブ・マネジメント・エグゼクティブ』

    「貪欲と腐敗」
    怪しげな者に気をつけてください。バブル時は、マネーゲームにしてやられやすい。

    (2014年4月26日)
    -------------------------

    異次元おカルト国家では怪しげな者ほどトップにのぼりつめる。
    「里予イ衣特別インタビュー」『ザ・トリックスター・オブ・イリュージョン・リーダー』

    「銭ゲバと腐朽」
    怪しげな者にまんまとだまされています。異次元おカルトな時代は、税金泥棒が白昼堂々やりたい放題やっています。

    返信削除
  71. 知りながら害をなすな。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「プロとしての倫理」
    知りながら害をなしてはいけません。

    (2014年4月29日)
    --------------------------

    頬被りして惚(とぼ)けながら災厄を演出する。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「トリックスターのプロとしてのエチカ」
    そこにいないふりしてまるで知らないふりしてありもしない脅威を演出する。

    返信削除
  72. 雇用不安が社会を不安定化する。
    『新しい社会と新しい経営』

    「雇用不安の害」
    常に最先端の知識を手に入れてください。あなたの市場価値を高める経験や教育機会を提供してくれない組織ならば、転職を考えてください。

    (2014年4月30日)
    ----------------------------

    将来への不安が幻惑社会を躍動的にする。
    『新しい異化様と新しい幻惑』

    「漠然とした脅威への安心安全」
    常に最尖端の幻惑知識にさらされています。かれらの異化様トリックにまんまとひっかかったインチキ事業や異次元幻惑情報に誘導されてしまった職場ならば、静かに立ち去ることを考えてください。

    返信削除
  73. 知識労働者のマネジメントはマーケティング的な仕事である。
    『明日を支配するもの』
    『ネクスト・ソサエティ』

    「知識労働者のマネジメント」
    有能な社員には挑戦的な仕事を与えてください。

    (2014年5月1日)
    ----------------------------

    異化様労働者のミッションはイリュージョニング的なガバナンスである。
    『今日を支配するもの』
    『捏スト・ソサエティ』

    「異化様労働者のガバナンス」
    勤勉なスタッフには幻惑的なミッションを与えています。

    返信削除
  74. 先進国は急速にネットワーク社会に向かいつつある。
    『未来への決断』

    「ネットワーク社会の到来」
    仕事上のパートナーとしてのあなた自身の魅力を10あげてください。

    (2014年5月2日)
    ----------------------------

    異次元おカルト国家は急速に異化様ネットワークビジネス幻惑社会に向かいつつある。
    『未来への決別』

    「異化様ネットワークビジネス幻惑社会の招来」
    「産官学」連携上の癒着談合共同体としてのかれら自身のインチキ異化様ミッションを10あげてください。

    返信削除
  75. グローバルに考え、ローカルに行動しなければならない。
    『明日を支配するもの』
    『ネクスト・ソサエティ』

    「eコマース下の競争力」
    同業他社のHPを見てください。eコマースに力を入れてください。

    (2014年5月3日)
    -----------------------

    グローバルに行動し、ローカルに考えています。
    『今日を支配するもの』
    『捏スト・ソサエティ』

    「幻惑ミッション下の広報戦略」
    批評批判者のサイトを監視しています。幻惑ミッションに能力をフルに発揮しています。

    返信削除
  76. 今日の組織は、自らの目的を中心におき絶対視し、意味あるものとする。
    『新しい現実』

    「新多元社会の到来」
    現代社会に特有の単一目的追求の弊害をあげてください。

    (2014年5月5日)
    ---------------------------

    今日のおカルト幻惑組織は、社会の理念を中心におきつつ自らの手段(魔トリックス)を絶対化し、地球と人類を救う(巣食う)大義あるものとしている。
    『新しい幻惑』

    「異次元国家の再来」
    現代版異次元おカルト国家に特有の異化様目的追求のスキームをいくつかあげてください。

    返信削除
  77. 技能なくして知識は生産的たりえない。
    『断絶の時代』
    『明日を支配するもの』
    『ネクスト・ソサエティ』

    (2014年5月6日)
    ----------------------------

    トリック欺能なくして異化様知識は幻惑的たりえない。
    『根絶の時代』
    『今日を支配するもの』
    『捏スト・ソサエティ』

    返信削除
  78. 失敗に対する恐怖が社会の隅々に浸透した。
    『ネクスト・ソサエティ』

    「知識社会化の代償」
    仕事以外の関心事を急いで育ててください。

    (2014年5月8日)
    -------------------------

    幻惑マターを演出するトリックが社会の隅々に浸透した。
    『捏スト・ソサエティ』

    「情報社会化の代償」
    情報端末中心の関心事を次から次へと育てています。

    返信削除
  79. 別れたわけではないが、政府とのロマンスは終わった。
    『断絶の時代』

    「政府とのロマンス」
    新規予算を必要としない社会政策プログラムを考え、地元選出の国会議員に示してください。

    (2014年5月10日)
    ----------------------------

    だれも望んだわけではないが、おカルト政府の異次元政策が始まった。
    『再生の時代』

    「政府のおカルト政策」
    新規予算を必要としない政策転換プログラムを考え、地元選出の国会議員に示しても何ら関心は示さない。

    返信削除
  80. もっとも堅実なはずの行為が結果として最も投機的な行為になりうる。
    『マネジメント・フロンティア』
    『新しい現実』

    「為替リスクへの対策」
    手始めに、ヘッジによって為替リスクから身を守ってください。

    (2014年5月11日)
    ---------------------------

    もっとも地球レベルのミレニアムプロジェクト(開発目標)が結果として最も世紀的なイリュージョン・ミッションになってしまった。
    『マネージエンド・フロンティア』
    『新しい幻惑』

    「杞憂リスクへの対策」
    手始めに、CO2排出削減対策によって地球温暖化リスクから身を守っています。先回り予防制圧戦略によってパンデミックリスクから身を守っています。

    返信削除
  81. 成果をあげるうえでの最大の障害はわれわれの視野を狭める昨日の問題である。
    『新しい現実』
    『明日を支配するもの』
    『ネクスト・ソサエティ』

    (2014年5月13日)
    ---------------------------

    異化様幻惑を成立させるうえでの最高の結界はわれわれの視野を狭める昨日の問題である。
    『素晴らしい幻惑』
    『今日を支配するもの』
    『アナザー・ソサエティ』

    返信削除
  82. 知識労働にも肉体労働の部分がある。
    『明日を支配するもの』

    (2014年5月20日)
    -------------------------

    異化様幻惑にもチカラワザ(量的工作、物量作戦)の側面がある。
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  83. サービス労働の生産性向上はマネジメントにとって最優先の社会的責任である。
    『すでに起こった未来』

    (2014年5月21日)
    --------------------------

    政府主導の異次元推進は異化様マトリックスにとって最優先の幻惑ミッションである。
    『すでに繰り返した過去』

    返信削除
  84. 科学の知識の向上は、科学者にとっては成果であっても企業にとっては意味がないことがありえる。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『知識労働者の生産性』

    (2014年5月25日)
    --------------------------

    科学の幻惑知識の向上は、科学者集団にとっては持続可能性を担保する我田引水の成果が見込めるものであって、しかも産官学共謀事業体にとっては大変有意義なものでもある。
    『今日を支配するもの』
    eミッション『異化様共同体の持続可能性』

    返信削除
  85. 経営政策について重要なことは、うまくいくかいかないか、である。
    『企業とは何か』

    (2014年5月27日)
    -----------------------------

    異次元政策について重要なことは、異化様スキームがうまくいくかいかないか、である。
    『幻惑ミッションとは何か』

    返信削除
  86. いかなる知識も他の知識より上位にあることはない。
    『断絶の時代』
    『ポスト資本主義社会』

    (2014年5月30日)
    ----------------------------

    異化様なる知識は他の知識より上位にある。
    『異次元の時代』
    『おカルト社会主義国家』

    返信削除
  87. 自分の情報を必要としているのは誰か。自分は誰の情報を必要としているか。
    『新しい現実』

    (2014年6月4日)
    ---------------------------

    かれらの異化様トリックスを必要としているのはどこの機関か。かれらはどこの機関の幻惑ミッションを必要としているか。
    『新しい幻惑』

    返信削除
  88. 最悪の資源の浪費が昇進人事の失敗である。
    『創生の時』

    「突然の無能化」
    新しい仕事で成果をあげるには何をしなければならないかを考えてください。

    (2014年6月7日)
    -------------------------

    最大の予算の我田引水は自作自演の脅威危機演出によって可能になる。
    『創造の時』

    「暗黙の了解」
    新しいミッションで異化様な成果をあげるには何をしなければならないか熟知しています。

    返信削除
  89. 大切なのは肩書きではなく責任である。
    『非営利組織の経営』

    「自己啓発」
    一流を目指してください。

    (2014年6月9日)
    -------------------------

    大切なのは責任ではなく肩書きである。
    『異化様組織の幻惑』

    「自己暗示」
    上流階級のつもりでいます。

    返信削除
  90. これからは年金基金の保護が最大の課題となる。
    『ポスト資本主義社会』

    「見えざる革命」
    今日の年金制度の欠陥がどこにあるかを考えてください。

    (2014年6月15日)
    ----------------------------

    これからは年金基金の投資活用が最大のチャンスとなる。
    『おカルト異次元国家』

    「三猿の叡智」
    今日の年金制度は破綻するねずみ講そのものである。
    https://www.google.co.jp/search?q=%E8%A6%8B%E3%81%96%E3%82%8B%E8%81%9E%E3%81%8B%E3%81%96%E3%82%8B%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%81%96%E3%82%8B

    返信削除
  91. 仕事とは人格の延長である。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「仕事の意味」
    とはいえ、仕事を失ってもあまりがっかりしないでください。仕事がすべてでないことを考えてください。

    (2014年6月21日)
    -----------------------------

    異化様ミッションと人格とは別物である。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「異化様ミッションの意義」
    とはいえ、人格を見失ってもさほど大したことはないし、かえって邪魔なもの。異化様ミッションに身をささげてしまえばよいから。

    返信削除
  92. 事業の定義とは規律である。
    『未来への決断』

    「事業の定義と周知と検証」
    事業の定義を周知し、有効性を検証していく仕組みをつくってください。

    (2014年7月4日)
    -------------------------

    異化様事業の定義とは幻惑である。
    『異次元への跳躍(ワープ)』

    「異化様事業の定義と扇動と狂騒」
    異化様事業の定義で扇動し、持続可能性を実現していくカラクリ仕掛けをつくっています。

    返信削除
  93. 進行性の病は先延ばしにしても治らない。思いきった措置が必要である。
    『未来への決断』

    「事業の定義の陳腐化」
    事業の定義が陳腐化していませんか。その恐れがあるならば分析し、刷新してください。

    (2014年7月5日)
    --------------------------

    異次元の幻惑はずるずるやっていても効果がなくなる。目まぐるしいネタの変換が必要である。
    『異次元への決断』

    「幻惑事業の異化様の陳腐化」
    幻惑事業の異化様が陳腐化しつつあります。その恐れから逃れるために常にリニューアルしたり、バージョンアップしたりします。

    返信削除
  94. あらゆる種類の組織になければならない中核的能力がイノベーションの能力である。
    『明日を支配するもの』

    (2014年7月9日)
    --------------------------

    いわゆる異次元の幻惑組織になければならない中核的能力が異化様イリュージョンの能力である。
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  95. カイゼンは積み重ねによってすべてを変える。
    『明日を支配するもの』

    (2014年7月11日)
    ------------------------------

    イカサマは不断の畳み掛けによってすべてを異次元に変える。
    『今日を幻惑するもの』

    返信削除
  96. 予期せぬ失敗はイノベーションの機会の兆候と受け止めよ。
    『イノベーションと起業家精神』
    eラーニング『変化の駆動力』

    (2014年7月14日)
    -----------------------------

    予期せぬ結果は異化様イリュージョンの一大好機と受け止めよ。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    eミッション『異次元の持続力』

    返信削除
  97. 必要は発明の母という。
    『イノベーションと起業家精神』
    eラーニング『変化の駆動力』

    「ニーズの存在」
    何か欠けたもののあるプロセスはありませんか。それは何ですか。何が欠けているのでしょうか。それを埋めるには何が必要でしょうか。

    (2014年7月16日)
    ----------------------------

    幻惑は格物の致知という。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    eミッション『幻惑の創造力』

    「存在のシーズ」
    何かインチキ異化様てんこ盛りの幻惑ミッションはありませんか。それは何ですか。何がインチキ異化様モリモリでしょうか。それをあばくには何が必要でしょうか。

    返信削除
  98. 人口の変化は信頼性の高いイノベーションの機会である。
    『イノベーションと起業家精神』

    (2014年7月18日)
    ------------------------

    人口の減少は幻惑性の高いイリュージョンの一大チャンスである。
    『イリュージョンと異化様スピリット』

    返信削除
  99. 世の中の認識が変わるときイノベーションの機会が生まれる。
    『イノベーションと起業家精神』
    eラーニング『変化の駆動力』

    (2014年7月19日)
    -----------------------------

    世の中が異次元に変わるときイリュージョンのチャンスが生まれる。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    eミッション『幻惑の創造力』

    返信削除
  100. アイデアによるイノベーションはイノベーションにかかわる体系の付録に属する。
    『イノベーションと起業家精神』
    eラーニング『変化の駆動力』

    「発明発見とアイデア」

    (2014年7月20日)
    -----------------------------

    トリックによるイリュージョンはイリュージョンにかかわる壮麗な体系のおカルト(隠された狂信狂気)の中核そのものである。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    eミッション『幻惑の創造力』

    「創作捏造とトリック」

    返信削除
  101. これまでの社会的イノベーションのほとんどは関係者以外か、何らかの破局によってもたらされている。
    『イノベーションと起業家精神』

    (2014年7月21日)
    ----------------------------

    これまでの異化様イリュージョンのほとんどは関係者ギルドか、何らかの幻惑ネットワークによってもたらされている。
    『イリュージョンと異化様スピリット』

    返信削除
  102. 強みに集中せよ。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「多角化の条件」

    (2014年8月1日)
    -----------------------

    人の弱みに集中投下せよ。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「異化様の条件」

    返信削除
  103. 新事業は乳児であって乳児をおくべきところは育児室である。
    『イノベーションと起業家精神』

    「ベンチャーのマネジメント」
    新事業は育児室においてください。乳児は成人と別に扱う必要があります。

    (2014年8月4日)
    -------------------------

    神事業はキ印であってKittyGuy(機知外)をおくべきところは座敷牢である。
    『イリュージョンと異化様スピリット』

    「べんちゃらトリックスターのマネジメント」
    神事業は隔離室においてください。キ印は世間と離して扱う必要があります。

    返信削除
  104. 技術は産業を超えた。
    『ネクスト・ソサエティ』

    (2014年8月9日)
    --------------------------

    幻惑は国家を超えた。
    『異化様コミュニティ』

    返信削除
  105. 事業の目的は顧客を変えることではない。
    『イノベーションと起業家精神』

    「ベンチャーのマネジメント」
    予期せぬ成功を、問題としてでなく機会として見てください。

    (2014年8月10日)
    --------------------------

    幻惑ミッションの目的は人々を夢幻の中に漂わせることである。
    『イリュージョンと異化様スピリット』

    「大学発ベンチャーのマネージエンド」
    予期せぬ失敗を、想定外の事象としてなかったこととして見ています。

    返信削除
  106. 重要な活動が何かは本には書いていない。それは事業によって異なる。
    『イノベーションと起業家精神』

    「ベンチャーのトップチーム」
    成功したベンチャーを調べてください。重要な仕事はそれぞれ得意とする人たちが担当しているはずです。

    (2014年8月13日)
    ------------------------

    重要なファクトが何かは教科書には載っていない。そこが異化様ミッションの目のつけどころである。
    『イリュージョンと異化様スピリット』

    「おベンチャらのライトスタッフ」
    200回成功したというおベンチャら酢タプーリ細胞は調べるまでもない。インチキ医科様なエアー実験はそれぞれ特異な才能に恵まれた人たちが分担分業して仕上げた。

    返信削除
  107. 研究成果を売る。
    『状況への挑戦』

    (2014年8月26日)
    ------------------------

    研究成果を捏る。
    『異次元への跳躍』
     

    返信削除
  108. 成功によって問題は無意味化できる。
    「心との出会い」コンファレンス・ボード『アクロス・ザ・ボード』誌収載

    「予期せぬ機会の追及」
    とくに予期せぬ成功を追及してください。

    (2014年8月30日)
    ----------------------------

    成功によって幻惑は現実に具象化できる。
    「心で思ったことは実現する」コンファメーション・ボーダー『アクロス・ザ・ボーダー』誌収載

    「予期せぬ先回り戦略」
    とくに予期せぬ不意打ちの異化様を追及しています。

    返信削除
  109. 【格物致知】
    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A0%BC%E7%89%A9%E8%87%B4%E7%9F%A5+%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86%E7%89%A9%E3%81%AF%E5%AE%9F%E5%9C%A8%E3%81%99%E3%82%8B+%E5%8F%A4%E7%94%B0%E5%8D%9A%E5%8F%B8+%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%9B%BD

    返信削除
  110. 仕事のできる者は、まず時間に手をつける。
    『経営者の条件』

    (2014年9月1日)
    ------------------------

    幻惑トリックに手を染める者は、まずカネに照準を定める。
    『異化様の条件』

    返信削除
  111. やめても何も起こらなければ結論は、直ちにやめよである。
    『経営者の条件』

    (2014年9月2日)
    --------------------------

    やっても何も起こらないようであれば結論は、直ちにアクションを起こせである。
    『医科様の条件』

    返信削除
  112. 組織は人を変える。
    『非営利組織の経営』

    (2014年9月7日)
    -----------------------

    異化様は組織を変える。
    『異次元おカルト組織の幻影』

    返信削除
  113. 世の中に違いをもたらすためにはいかなる成果を生み出すかを考えなければならない。
    『明日を支配するもの』

    (2014年9月11日)
    --------------------------

    世の中に間違いをもたらしてしまったのはインチキ異化様な幻惑トリックを生み出す者たちへの考慮が足りなかったからにほかならない。
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  114. できないことを並のレベルに引き上げるよりもできることを超一流にするほうがやさしい。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『自らをマネジメントする』

    「強みを知って利用する」

    (2014年9月12日)
    ------------------------

    できることを超一流にするよりもできないことを異次元のレベルに引き上げるほうがたやすい。
    『今日を支配するもの』
    異化様ミッション『幻惑をマネジメントする』

    「弱みを握ってつけこむ」
     

    返信削除
  115. 価値観に反する仕事は人を堕落させる。強みすら台無しにする。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『自らをマネジメントする』

    (2014年9月13日)
    -------------------------

    おカルト宗教観に乗っ取られた異化様ミッションは人を幻惑にかける。「常識的かつ健全な処世術」がどこかへ追いやられてしまう。
    『今日を支配するもの』
    異化様ミッション『幻惑をマネジメントする』

    返信削除
  116. 組織は信頼によって成立し、信頼はコミュニケーションと相互理解によって成立する。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『自らをマネジメントする』

    (2014年9月15日)
    --------------------------

    幻惑組織は異化様によって成立し、異化様はイリュージョンと錯覚錯誤によって成立する。
    『今日を支配するもの』
    異化様ミッション『幻惑をマネジメントする』

    返信削除
  117. 優秀な人たちが連続して失敗する仕事は後家づくりの仕事である。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』
    eラーニング『人を活かす人事の意思決定』

    (2014年9月21日)
    -------------------------

    偏差値優等生学歴エリート君たちが次々と繰り出す異化様な仕事はつねにサクリファイスを欲する幻惑ミッションである。
    『マネージエンド(エッターナル版)』
    eミッション『人を生贄にする異化様組織の幻惑ミッション』

    返信削除
  118. 問題が起こったとき手を貸せないのであれば意思決定に関与してはならない。
    『マネジメント・フロンティア』

    「高齢の役員」
    役員の定年規定を定めてください。結果が出るころにはいなくなっている人たちだけで意思決定を行うことのないようにしてください。

    (2014年9月22日)
    ------------------------

    問題が起こったときすみやかにトンズラできないのであれば自らをサクリファイスしなければならない。
    『異化様トリックス・フロンティア』

    「高級なクラート」
    役人の定期巡回コースは暗黙の了解事項。幻惑ミッションが実行されるころにはいなくなっている人たちだけで根回し会議を行うようにしています。

    返信削除
  119. マネジメントに携わる者は石臼に鼻を押しつけながら丘の上を見なければならない。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    2014年9月28日
    ----------------------

    異化様トリックスに関わる者は危機や脅威で不安を煽りながら確実にカネを引き出せるネタをコネコネしなければならない。
    『異化様トリックス(エッターナル版)』

    返信削除
  120. 意思決定が成果をあげるには満たすべき要件を明確にしておく必要がある。
    『経営者の条件』

    2014年10月2日
    ---------------------

    異化様幻惑が成果をあげるには満たすべき要件をできるだけ不明瞭にしておく必要がある。
    『異化様の条件』

    返信削除
  121. 何が受け入れられやすいかではなく何が正しいかを考えなければならない。
    『経営者の条件』

    2014年10月3日
    ----------------------

    何が正しいかではなく何が受け入れられやすいかを考えています。
    『異化様の条件』

    返信削除
  122. 優れた外科医が不要な手術を行わないように不要な意思決定を行ってはならない。
    『経営者の条件』
    eラーニング『成果を生む意思決定』

    2014年10月8日
    ----------------------

    イカれた暴走異化様氏が不要な手術をばんばん行うように不要な意思決定にのめりこんで泥沼化しています。
    『異化様の条件』
    eミッション『幻惑を生む異化様トリックス』

    返信削除
  123. 最も多く見られる誤りは一般的な問題を例外の連続とすることである。
    『経営者の条件』
    eラーニング『成果を生む意思決定』

    2014年10月9日
    ------------------------

    最も多く見られる異化様幻惑は至極ありふれた問題を稀有で特別な事象に見せかけることである。
    『異化様の条件』
    eミッション『幻惑を生む異化様トリックス』

    返信削除
  124. 間違った問題提起への正しい答えほど修正の難しいものはない。
    『経営者の条件』
    eラーニング『成果を生む意思決定』

    「間違った問題提起への正しい答え」
    このメーカーは何を間違ったのでしょうか。

    2014年10月10日
    -------------------------

    異化様な狂言騒動への正義で善意な言行ほど大衆をまやかしにかけるものはない。
    『異化様の条件』
    eミッション『幻惑を生む異化様トリックス』

    「異化様な狂言騒動への正義で善意な言行」
    かの異化様トリックスターは何をどのように手がけたのでしょうか。

    返信削除
  125. フィードバックが並みの人間に一流の仕事をさせる。
    『経営者の条件』
    eラーニング『成果を生む意思決定』

    2014年10月14日
    -----------------------

    異化様トリックスが並みの人間に異次元の幻惑ミッションをさせる。
    『異化様の条件』
    eミッション『幻惑を生む異化様トリックス』

    返信削除
  126. 決定的な権力が正統性を欠くとき社会は社会として機能しない。
    『産業人の未来』

    2014年10月16日
    ----------------------

    決定的な権力がおカルトな政党のときインチキ異化様は幻惑として機能する。
    『異次元の現在(いま)』

    返信削除
  127. 宗教は、神の王国を捨ててまで社会を受け入れることはできない。
    『「経済人」の終わり』1969年版への序文

    「社会の良心」
    社会において宗教は、政治勢力ではなく良心たるべきものです。今日の宗教の役割をどう見ますか。

    2014年10月17日
    ----------------------

    宗教は、神の王国を実現せんと夢想して幻惑と異次元にのめりこむ。
    『「異化様」の始まり』2014年版への結文

    「邪教の妄執妄念~嘘も方便」
    異次元おカルト国家において宗教は、良心ではなく政治勢力そのものです。それが今日の宗教の役割だと見ておけば間違いがない。

    返信削除
  128. 政府は形式を重視する。
    『断絶の時代』

    「政府の目的」
    社会的な問題について、政府機関よりも優れた仕事をしているNPOの例をあげてください。

    2014年10月22日
    ----------------------

    異次元おカルト政府は異化様幻惑を重点課題とする。
    『幻惑の時代』

    「異次元おカルト政府の目論見」
    異化様な問題について、民間企業よりもイカれたミッションにのめりこんでいる政府機関の例は枚挙に暇がない。
     

    返信削除
  129. 環境保護を目的とする援助こそ最も生産的な国際協力にちがいない。
    『断絶の時代』
    『新しい現実』

    「国際協力」
    環境保護を目的とする国際協力を支援してください。

    2014年10月25日
    -----------------------

    環境保護を手段とする支援こそ最も狡猾で邪悪な「国際協力」略奪スキームにちがいない。
    『異次元の時代』
    『新しい幻惑』

    「国際協力」
    環境保護を手段とする国際協力を支援しています@外務省。

    返信削除
  130. 知識労働者とは同じ一つの階層である。
    『新しい現実』

    「知識労働者の政治性」
    知識労働者の登場がもつ政治的な意味合いを考えてください。

    (2014年10月27日)
    -------------------------

    異化様テクノクラートとはもう一つの異次元階級システムである。
    『新しい幻惑』

    「異化様テクノクラートの政治性」
    異化様テクノクラートの登場がもつ政治的な役割とミッションをつねに念頭においてください。

    返信削除
  131. 募金とは資金源開拓のことである。
    『非営利組織の経営』

    2014年10月30日
    ------------------------

    資金源開拓ネタ騒動とは募金ミッションの羊の皮を被った扮装である。
    『異化様組織の幻惑』

    返信削除
  132. 情報の誤りは災厄を招く。
    『明日を支配するもの』
    『データ通から情報通へ』

    2014年11月2日
    -----------------------

    災厄は認識の誤りを招く。
    『今日を支配するもの』
    『恣意的データから異化様へ』

    返信削除
  133. 情報システムの究極の効果は不意打ちがなくなることである。
    『明日を支配するもの』

    2014年11月4日
    ------------------------

    幻惑スキームの究極の異化様効果は不意打ちをくらわせることである。
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  134. 荒野にしがみつく人の多くは屍しか残せない。
    『非営利企業の経営』

    2014年11月7日
    -----------------------

    幻惑を手がけたにヒトビトの多くは誰の記憶にも残らない。
    『異化様幻惑の使命(ミッション)』

    返信削除
  135. 社会的な事象のなかで真に意味あるものは定量化になじまない。
    『すでに起こった未来』

    2014年11月17日
    ------------------------

    幻惑的なスキームのなかで真実味のあるものほどよく異化様になじむ。
    『すでに繰り返した過去』
     

    返信削除
  136. 特定秘密保護法施行 適正運用へ監視ポスト
    2014年12月10日3時0分 読売新聞

     安全保障に関わる重要な情報を保護するための措置を定めた特定秘密保護法が10日、施行される。法施行に合わせ、政府は特定秘密を指定するとともに、指定が適正に行われているかどうかなどを監視する「独立公文書管理監」ポストを内閣府に新設し、適正な運用の確保に努める。

     同法施行で、外国スパイへの情報漏えいを予防し、米国などから機密情報を入手しやすくなる効果が期待される。独立公文書管理監は審議官級のポストで、省庁などによる指定や解除に問題があれば、是正を求める。国会も10日に「情報監視審査会」を衆参両院に設ける。

     菅官房長官は9日の記者会見で、「しっかり(法律を)運用し、知る権利が損なわれないように対応していきたい」と述べた。

     同法では、防衛、外交、スパイ防止、テロ防止の4分野、55項目の重要機密情報を特定秘密として指定。特定秘密を取り扱う公務員や民間業者に適性評価を義務づけ、漏えいには懲役10年以下の厳しい罰則を科す。スパイ目的で特定秘密を不正に取得したり、秘密を漏らすようにそそのかしたりした者も処罰対象になる。政府によると、指定の件数は未集計だという。

     一方、同法は、国民の「知る権利」を保障する報道・取材の自由について、「十分に配慮しなければならない」と明記。記者などが通常の取材で特定秘密を入手しても処罰されない。

    法律の骨子

    ▽特に秘匿の必要がある安全保障に関する情報を特定秘密として指定

    ▽防衛、外交、スパイ防止、テロ防止の4分野対象

    ▽国民の知る権利の保障につながる報道・取材の自由に十分に配慮

    ▽秘密を漏えいした公務員らは10年以下の懲役
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20141210-118-OYTPT50150

    返信削除
  137. 特定秘密保護法きょう施行
    2014年12月10日3時0分 読売新聞

     特定秘密保護法が10日、施行される。安全保障に関する重要な情報を保護することが目的だが、国民の「知る権利」との関係などを心配する声もある。改めて疑問に答えた。

    特定秘密とは 安全保障に支障与える情報

     外国やテロ集団などに漏えいした場合、日本の防衛・警備態勢の間隙かんげきをつかれたり、領土保全や権益確保のための外交交渉で不利になったりするなど、日本の安全保障に著しく支障を与えるおそれのある情報だ。

     特定秘密として指定し、保護できる情報は、特定秘密保護法で、防衛、外交、スパイ防止、テロ防止の4分野、23事例に限定。さらに、閣議決定した運用基準で、23事例を細分化した55項目の具体例を示している=表参照。

     政府が、特定秘密に指定する情報の種類を具体的に例示したのは、「秘密指定の範囲が無制限に拡大するのではないか」という国民の懸念を払拭するためだ。

     これらの55項目に該当するものが全て特定秘密になるわけではない。「公になっていない情報であること(非公知性)」と、「その漏えいが日本の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるため、特に秘匿することが必要である情報であること(特段の秘匿の必要性)」という二つの要件を満たす必要もある。

     このため、特定秘密が新聞に報じられたり、外国政府によって公表されたりして、「公になっていない情報」の要件を満たさなくなった場合には、特定秘密の指定を解除しなければならない。

     特定秘密の件数については、現時点では確定していないが、現在、国の重大な利益に関する事項が指定される特別管理秘密の約47万件が一定の目安になるとされている。なお、特別管理秘密の約9割は、衛星写真の画像や暗号だ。

    どのように秘密守るか 明確に区別 厳重に管理

     特定秘密に指定された情報は、行政機関が、他の情報と区別できるように表示し、厳重に管理する。

     特定秘密を指定した時には、その特定秘密を扱うことができる公務員や武器の製造業者などの民間業者の従業員を定め、それ以外の人が特定秘密を取り扱うことは認めない。

     特定秘密を取り扱う公務員や民間業者の従業員には、事前に「適性評価」を行い、秘密を漏えいするおそれがないことを確認することを義務づけている。外国の情報機関などが、借金や女性関係などで問題のある公務員に接触し、秘密を引きだそうとする工作を行うことが知られているためだ。

     適性評価の調査項目は、〈1〉スパイ活動などとの関連〈2〉犯罪・懲戒歴〈3〉情報の取り扱いに関する問題の有無〈4〉薬物乱用〈5〉精神疾患〈6〉飲酒についての節度〈7〉借金などの経済的な状況――の7項目だ。配偶者の国籍なども対象となる。

     特定秘密を取り扱うことのできる公務員らが特定秘密を漏らした場合、10年以下の懲役が科せられる。これまでも、軍事に関する情報は「防衛秘密」、米国製兵器の情報は「特別防衛秘密」として厳格に管理され、漏えいした場合には5年~10年以下の懲役が科されるが、対象は狭かった。国家公務員法でも、職務上知り得た秘密を漏らせば守秘義務違反で罰せられるが、罰則は1年以下の懲役か50万円以下の罰金だった。

     特定秘密保護法は、罰則を強化することで、国の安全保障に重大な影響を与えるおそれがある特定秘密の漏えいに対する抑止力を強める狙いがある。

     行政機関の長や閣僚、内閣官房副長官、副大臣、政務官、首相補佐官は適性評価を受けなくても、特定秘密を扱うことができるが、漏えいした場合の罰則は適用される。

     一方、外国情報機関のスパイとなり、特定秘密を盗んだり、暴行・脅迫などによって不正に取得したりした人も、10年以下の懲役に処せられる。また、特定秘密を漏らすように公務員をそそのかすなどした人は、5年以下の懲役の対象になる。

    なぜ必要か 脱「スパイ天国」へ法整備

     日本はこれまで、安全保障に関する重要な秘密を管理する厳しいルールがなく、外国政府などから「スパイ天国」と呼ばれてきた。

     先進諸国では、安全保障上の秘密漏えいに対する厳しい罰則を設けている。米国では軍事計画などの「機密」を外国政府に漏えいした場合、最高刑は死刑だ。英仏独などでも、機密情報の漏えいには3年以上14年以下の自由刑などの罰則を設けている。

     同様の秘密保全法制を持つことを、機密情報を提供する際の条件とする国も少なくない。実際、米政府が、情報機関が得たシリアの化学兵器使用の証拠などについて、日本の秘密保全法制の不備を理由に提供を渋ることもあった。

     日本では外交・安全保障政策の司令塔となる国家安全保障会議(NSC)が2013年12月に発足したが、外国政府から機密情報を得られないままでは、期待されている役割を果たせない。その意味で、特定秘密保護法はNSCと「車の両輪」と位置づけられている。

     特定秘密保護法は13年12月、自民党の安倍政権下で成立したが、法整備の議論が本格化したのは、民主党政権時代だ。

     きっかけは10年9月、沖縄県・尖閣諸島沖で中国漁船による海上保安庁巡視船への衝突事件が起きた際、同庁が撮影した衝突時のビデオ映像がインターネット上に流出したことだった。流出元が現職の海上保安官だったことを当時の菅政権が問題視し、秘密保護法制の検討に着手した(特定秘密保護法では、このビデオ映像は特定秘密の対象にはならない)。

     11年8月には、政府の検討委員会の下に設置された有識者会議が報告書を提出。それを受け、野田政権が機密情報を漏えいした国家公務員の罰則を強化する法案の国会提出を目指した。結局は「国民の知る権利を阻害する」といった批判を受けて提出を断念したが、報告書の内容は、現在の特定秘密保護法の骨格部分に引き継がれている。

    「知る権利」守られるか 正当な取材妨げず

     特定秘密の指定や保護により、憲法21条で保障された国民の「知る権利」が侵害されるのではないか、と懸念する声がある。

     特定秘密保護法はこうした懸念を踏まえ、「国民の知る権利の保障に資する報道または取材の自由に十分に配慮しなければならない」と明記した。取材行為についても、「専ら公益を図る目的」であって、法令違反や「著しく不当な方法」によらない場合には、「正当な業務による行為」と認定し、罰しないこととした。

     政府は、国会答弁などで、〈1〉早朝・深夜の自宅訪問(夜討ち朝駆け)〈2〉頻繁にわたるメール、電話、直接の接触〈3〉個人的関係などに伴うコミュニケーションや飲食〈4〉たまたま閲覧可能となっている状態の特定秘密を閲覧〈5〉裏向きで机の上に放置されている情報を裏返して閲覧、写真撮影を行うこと――などの取材は、「正当な業務による行為」になると説明している。

     これらにより、報道を目的とした通常の取材である限り、特定秘密について取材しても処罰の対象にならないことが、明確になっている。

     知る権利との関連で重要なのは、政府が都合よく特定秘密の範囲を広げたり、情報を隠したりしないように、適正な運用を確保することだ。

     特定秘密保護法では、政府が統一的な運用基準を作成・公表するとともに、作成・変更の際には、有識者の意見を踏まえることとした。これを受け、弁護士や学者らによる有識者会議「情報保全諮問会議」(座長=渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長・主筆)が今年1月に設置され、運用基準案について様々な修正を求めた。諮問会議の指摘は、閣議決定された運用基準に反映されている。

     特定秘密の指定や解除が適正かどうかをチェックし、是正を求める権限のある「独立公文書管理監」も内閣府に新設される。独立公文書管理監は審議官級のポストで、その下に事務局となる20人規模の「情報保全監察室」も設けられる。

     さらに、政府が毎年、運用状況について、情報保全諮問会議の意見を付けて、国会に報告し、公表することも義務づけている。これとは別に、国会にも法の運用をチェックする「情報監視審査会」が衆参両院に常設される。

     運用基準には法施行後5年で見直すことが盛り込まれた。法施行後も政府には不断の努力が求められる。

    積極的な情報公開必要 特定秘密保護法を巡っては、公務員が萎縮して取材に非協力的になったり、特定秘密ではない情報の公開にまで消極的になったりすることを心配する声がある。

     日本新聞協会は8日、上川法相に意見書を提出し、「懸念が生じないよう法律を運用するとともに、情報公開関連の法整備を充実させていく」ことを求めた。

    返信削除

  138. 一般人への処罰は 例外的な場合除き対象外

     一般人が処罰の対象となるのは、特定秘密と知っていてその情報を得ようと公務員をそそのかしたり、不正な方法で取得したりした場合に限られる。

     単に、原発や基地の情報を探ろうとしたり、「秘密を明らかにしよう」と呼びかけたりしただけでは、逮捕されない。法律では、特定秘密であることを知っていた場合にその情報を得ることが違法行為となるため、たまたま特定秘密にあたる情報を入手しても処罰されることはない。

     政府は、「外国情報機関などに協力し、特定秘密をあえて入手したような例外的な場合を除き、一般の人が処罰対象となることは想定し難い」としている。

      ■特定秘密保護法の要旨

     【総則】

     我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要である情報の漏えい防止を図り、我が国や国民の安全の確保に資することを目的とする。

     【特定秘密の指定】

     行政機関の長は、〈1〉防衛〈2〉外交〈3〉特定有害(スパイ)活動の防止〈4〉テロ防止――に関する情報で、公になっていないもののうち、漏えいが我が国の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあり、特に秘匿が必要なものを特定秘密として指定する。要件を欠くに至ったときは、速やかに指定を解除する。

     (指定期間は)5年を超えない範囲内で定める。有効期間満了時に、要件を満たすときは延長する。内閣の承認を得た場合は、30年を超えて延長できる。「情報収集活動の手法または能力」「暗号」など7項目を除き、有効期間は60年を超えることができない。

     【取扱者の制限】

     特定秘密の取り扱い業務は、行政機関の長などが実施する適性評価で、秘密を漏らすおそれがないと認められた者でなければ、行ってはならない(閣僚、官房副長官、首相補佐官、副大臣らをのぞく)。

     【適性評価】

     「スパイ活動などとの関連」「犯罪・懲戒歴」「飲酒の節度」「借金などの経済的な状況」などについて調査。評価対象者に告知し、同意を得て実施する。

     【運用基準】

     政府は、統一的な運用を図るための基準を定める。基準を定め、変更する時は、有識者(情報保全諮問会議)の意見を聴いた上で案を作成し、閣議決定しなければならない。

     【国会への報告】

     政府は毎年、有識者の意見を付して、秘密の指定、解除などの実施状況を国会に報告し、公表する。

     【解釈適用】

     国民の知る権利の保障に資する報道または取材の自由に十分に配慮しなければならない。

     出版または報道の業務に従事する者の取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、かつ、法令違反または著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とするものとする。

     【罰則】

     公務員らが特定秘密を漏らしたときは10年以下の懲役。過失は2年以下の禁錮か罰金。

     スパイ目的で人を欺いたり脅迫したりして特定秘密を取得した者は10年以下の懲役。漏えいや不正取得行為の遂行を共謀、教唆、扇動した者は5年以下の懲役。

      ■運用基準の要旨

     【基本的な考え方】

     法の規定を拡張して解釈してはならず、厳格に適用する。

     【秘密の指定】

     55項目の具体例を例示。

     行政機関による法令違反の事実を指定し、または隠蔽を目的として、指定してはならない。

     (30年を超えて秘密を指定する場合)保存期間が満了したものは、国立公文書館等に移管する。

     【基準の見直し】

     法施行後5年を経過し、必要があると認めるときは見直しを行う。
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20141209-118-OYTPT50455

    返信削除
  139. 【社説】秘密保護法施行 他国との情報共有に不可欠だ
    2014年12月10日1時19分 読売新聞

     日本の平和と安全を維持し、国益を守るには、米国などとの機密情報の共有が欠かせない。その大前提として、政府の本格的な情報保全法制が動き出す意義は大きい。

     昨年12月に成立した特定秘密保護法が10日、施行される。

     内閣官房、外務、防衛両省など19行政機関が特定秘密の指定を開始し、秘密保護の措置を取る。秘密を漏洩ろうえいした国家公務員らには10年以下の懲役が科される。

     日米相互防衛援助協定に基づいて提供された装備品の性能など特別防衛秘密と、国家公務員法上の秘密と合わせて、三重の情報保全体制がようやく始動する。

     こうした他の先進国並みの政府全体の統一的な情報漏洩防止策を講じることは、他国と信頼関係を築き、貴重な情報の提供を受けるために不可欠である。

     他方で、秘密保護法への国民の懸念が根強いことは否めない。政府が不都合な情報を隠す手段に使われないか。官僚が萎縮し、情報公開や報道機関の取材対応に過度に消極的にならないか。

     10月に閣議決定された運用基準には、国民の「知る権利」の尊重、報道の自由への配慮、違法行為の秘密指定や法律の拡張解釈の禁止が盛り込まれた。各行政機関は、この基準をしっかりと踏まえ、安易な秘密指定を避けるべきだ。

     不適切な秘密指定に関する内部通報の窓口が内閣府や関係省庁に設置される。窓口を機能させるには、通報者が不利益を被らないように保証せねばならない。

     内閣府には、20人規模の情報保全監察室が新設され、審議官級の独立公文書管理監がトップを務める。秘密の漏洩防止と国民の「知る権利」を両立させるため、各機関をきちんと監視してほしい。

     法律の運用状況の透明性を確保することも大切だ。無論、秘密の内容は明らかにできないが、可能な範囲でどんな種類の秘密が指定されたのかを国民に知らせることが、無用な誤解を減らし、過剰な反対論を和らげるだろう。

     安倍首相や関係閣僚は、国民に丁寧に説明する必要がある。

     国会の責任も重い。

     今年6月に成立した改正国会法で、衆参両院に委員各8人の情報監視審査会を設置し、政府の法律の運用を監視することになった。審査会は、必要に応じて、政府に秘密の提供を求め、運用の改善を勧告することができる。

     国会は衆院選後、審査会のメンバーの人選を急ぎ、その役割をきちんと果たしてもらいたい。
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20141209-118-OYT1T50133

    返信削除
  140. 特定秘密保護法施行、内閣府や両院で監視態勢
    2014年12月10日11時46分 読売新聞

     安全保障に関わる重要な情報を保護するための特定秘密保護法が10日施行され、政府は同日、秘密の指定や解除が適正に行われているかどうかを監視する「独立公文書管理監」ポストを内閣府に新設した。

     管理監の下で事務局となる「情報保全監察室」も20人態勢で発足した。

     法施行に合わせ、国会の立場から運用状況を検証する衆参両院の「情報監視審査会」も設置された。ただ、衆院解散の影響で、審査会メンバーとなる衆参各8人の委員の選任や、特定秘密を扱うことになる国会の担当職員の「適性評価」などの準備が遅れており、実質的な発足は特別国会が召集される今月下旬以降になりそうだ。国会議員が政府から聞き取りを行う防音の会議室「シールドルーム」は、衆院では10日にも完成予定だが、参院は年明けにずれ込むという。

     同法は、防衛、外交、スパイ防止、テロ防止の4分野、55項目の情報を特定秘密として指定する。秘匿が必要な重要情報を厳重に管理することで、外国スパイへの情報漏えいを防ぐことや、米国と機密情報を共有する態勢の整備などが期待されている。
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20141210-118-OYT1T50061

    返信削除
  141. 特定秘密保護法 施行される
    12月10日 12時15分

    特に秘匿が必要な安全保障に関する情報を特定秘密に指定して保護する特定秘密保護法が10日、施行されました。
    これを受けて、政府は特定秘密の指定が適切かどうかを判断する初代の「独立公文書管理監」に法務省の法務総合研究所研修第一部長の佐藤隆文氏を充てる人事を発表しました。

    去年12月に成立した特定秘密保護法は、特に秘匿が必要な安全保障に関する情報を特定秘密に指定して保護するもので、漏えいした公務員らには最高で10年の懲役刑を、漏えいをそそのかした者にも5年以下の懲役刑が科されます。
    また、特定秘密の指定期間は最長5年で、大臣など行政機関の長の判断で更新できますが、30年を超える場合は内閣の承認を得なければならず、一部の例外を除いて60年後までにはすべて公開するとしています。
    政府は、特定秘密保護法の施行に向けて、ことし10月に、特定秘密を指定できる役職を、防衛省や外務省など19の行政機関の長に限るとともに、特定秘密の対象として、極秘を前提に外国政府から提供された情報や、自衛隊の警戒監視活動など、55の「細目」を明記した運用基準などを決定しました。
    そして、政府は10日、法律の施行にあわせて、特定秘密の指定が適切かどうかを判断する機関として、内閣官房に、官房長官をトップとし関係省庁の事務次官級でつくる「保全監視委員会」を設置しました。
    また、独立性の高いチェック機関として内閣府に置く初代の「独立公文書管理監」については、当初、最高検察庁の検事の起用を検討していましたが、最終的に調整を行った結果、法務省の法務総合研究所研修第一部長の佐藤隆文氏を充てる人事を発表しました。

    世耕官房副長官「知る権利損われず」
    世耕官房副長官は記者会見で、「これまで日本には、国家として当然あるべき安全保障上の重要機密情報を管理する統一的な法的ルールがないという問題点があった。特定秘密保護法によって共通のルールが定められ、わが国と国民の安全を守るための機微な情報を外国とやり取りし、政府内で共有し、保護するための基盤が整うことになる」と述べました。
    そのうえで、世耕官房副長官は、「特定秘密の指定のルールが明確になり、秘密の取り扱いの客観性と透明性が高まることになる。これまで各省庁がそれぞれに行っていた秘密指定をチェックする体制も新たに確立された。政府として、法律の適正な運用に努めていきたい」と述べました。
    また、記者団が、「国民の知る権利が損なわれるおそれが残っていると指摘されている」と質問したのに対し、世耕官房副長官は、「去年12月の法律の成立以降、政府としては、『情報保全諮問会議』や国民の皆さんからの意見を踏まえながら、関係政令や運用基準の策定、広報活動なども行って、各種施行準備を慎重かつ丁寧に進めてきたつもりだ。懸念があることも理解しているが、政府としては、実効的で適正な法律の運用をしっかり積み重ね、運用状況も丁寧に説明しながら、施行状況を国会に報告し、公表をすることなどを通じて、『国民の知る権利が損なわれるようなことは絶対ない』ということをしっかり示していきたい」と述べました。
    さらに、世耕官房副長官は、特定秘密を扱う公務員らを対象に行う適性評価について、「調査事項を限定したうえで、プライバシーに配慮して実施することになっており、プライバシーを不当に侵害するおそれはない」と述べました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141210/k10013862501000.html

    返信削除
  142. 組織の精神はトップから生まれる。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「リーダーの真摯さ」
    ヘッドハンティングをされたならば、先方のトップの人となりを見てください。仕事は真摯な人たちとしてください。

    2015年1月1日
    ---------------------

    異次元おカルト組織の異化様スピリットはトップから生まれる。
    『マネージエンド(エッターナル版)』

    「リーダーの異化様さ」
    異化様テクノクラート階層へ抜擢されたならば、組織のトップの人となりを見てください。あくまでも幻惑ミッションは異化様なヒトビトとの連携プレーでやっています。

    返信削除
  143. 重要なことは「すでに起こった未来」を確認することである。
    『断絶の時代』
    『すでに起こった未来』

    2015年1月2日
    ----------------------

    重要なことは「すでに繰り返した過去」を再認識することである。
    『幻惑の時代』
    『すでに繰り返した過去』

    返信削除
  144. 死臭を防ぐことほど手間のかかる無意味なことはない。
    『経営者の条件』
    『乱気流時代の経営』
    『未来への決断』
    『明日を支配するもの』

    2015年1月5日
    ----------------------

    地球温暖化防止やパンデミック先回り予防制圧ほど巧妙狡猾に手間をかけたインチキ異化様なミッションはない。
    『異化様の条件』
    『異次元時代の幻惑』
    『未来への決別』
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  145. 資産の保全こそマネジメントの責務である。
    『明日を支配するもの』

    2015年1月7日
    ----------------------

    異化様トリックスの持続可能な研究開発こそ幻惑ネットワークのミッションである。
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  146. 重要なことはできないことではなく、できることである。
    『現代の経営』
    『経営者の条件』

    「組織の精神」
    同僚や部下の強みを見つけ、それらの強みを伸ばす手助けをしてください。

    2015年1月15日
    ------------------------

    重要なことはできることではなく、できないことを対象にすることである。
    『幻惑の科学』
    『異化様の条件』

    「幻惑組織の異化様スピリット」
    同僚や上司の異化様トリックの弱みを見つけ、それらの弱みを補強して強くする手助けをしています。

    返信削除
  147. 私人の徳を社会の福祉の基盤としたとき徳のある社会が実現される。
    『現代の経営』

    2015年1月23日
    -----------------------

    異化様な手品を異次元おカルト国家の幻惑の基盤としたとき異化様な幻惑社会が実現された。
    『異次元の幻影』

    返信削除
  148. 役人の得を社会保障と福祉政策の基盤としたとき最大役得のある幻惑社会が実現された。
    『異次元時代の役得』

    返信削除
  149. 継続と変革の両立こそ文明にかかわる中核の問題である。
    『すでに起こった未来』

    2015年1月26日
    ----------------------

    持続可能性と新興再興(再生復活)の両立こそ異次元おカルト教義にかかわる中核の問題である。
    『すでに繰り返した過去』

    返信削除
  150. 体系化されたことによってはじめてマネジメントは役に立つようになった。
    『マネジメント・フロンティア』

    「体系としてのマネジメント」
    あなたのマネジメントの仕方は思いつき的ですか、それとも体系的ですか。

    2015年1月27日
    --------------------------

    体制化されたことによってはじめて異化様トリックスは幻惑ミッションに用いられるようになった。
    『異化様トリックス・フロンティア』

    「体制としての異化様トリックス」
    かれらの異化様トリックスの手品の種は思いつき的かつ、思いこみ的です。

    返信削除
  151. 知識ではなく成果こそマネジメントの目的であり、能力の証明である。
    『現代の経営』

    2015年1月29日
    -----------------------

    ファクトではなく幻惑こそ異化様トリックスの目的であり、仙丹科学欺術の証明である。
    『異次元の幻影』

    返信削除
  152. 日々の出来事を越えたトレンドを事業の基盤としなければならない。
    『ネクスト・ソサエティ』

    2015年1月30日
    -----------------------

    日々の出来事を越えたスーパーグローバルでミレニアムな目標を異化様幻惑事業の基盤としています。
    『捏スト・ソサエティ』

    返信削除
  153. 権力に正統性がなければ絆としての社会はありえない。
    『産業人の未来』
    『イノベーターの条件』

    2015年1月31日
    ----------------------

    権力に正当性がないので「絆としての社会」を前面に出してだます。
    『異化様の現在』
    『インベーダーの条件』

    返信削除
  154. われわれは新しい現実へといたる峠を越えつつある。
    『断絶の時代』
    『新しい現実』
    『ポスト資本主義社会』

    2015年2月1日
    -----------------------

    われわれは異次元の幻惑へといたる門を広げてしまった。
    『異化様の時代』
    『新しい幻惑』
    『異次元アベノミクス国家』

    返信削除
  155. 今日において重要なのは肉体労働者でない人たちの生産性である。
    『ポスト資本主義社会』

    2015年2月3日
    ------------------------

    今日において著しく厄介なのは異化様科学者たちが集う公的機関の幻惑生産性である。
    『異次元おカルト国家』

    返信削除
  156. ネクスト・ソサエティは目前にある。
    『ネクスト・ソサエティ』

    2015年2月5日
    ---------------------

    スーパーグローバル・ネイションは、いま目の前にある。
    『スーパーグローバル・ネイション』

    返信削除
  157. 変革が常態となったからには継続性の基盤を堅固にしなければならない。
    『明日を支配するもの』

    「変革と継続の両立」

    2015年2月8日
    -------------------------

    幻惑が常態となったからこそ持続可能な開発を目標にできる。
    『今日を支配するもの』

    「幻惑と持続可能性の一挙両得」

    返信削除
  158. 動的な不均衡状態にある社会だけが安定性と一体性を堅持する。
    『イノベーションと起業家精神』
    『すでに起こった未来』
    『未来への決断』

    2015年2月10日
    -----------------------

    おカルトな異次元常態にある幻惑国家だけが異化様な持続可能性を保持できる。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    『すでに繰り返した過去』
    『未来への決別』

    返信削除
  159. 傍観者には役者と観客には見えないものが見える。
    『傍観者の時代』

    「傍観者の役割」
    人を驚かせないよう気をつけよ。

    2015年2月12日
    -----------------------

    異化様には赤鬼青鬼と騙されるムラビトには見えない戦いが見える。
    『異化様の時代』

    「異化様の役割」
    常に人を驚かせるような何かにいち早く気づくよう心がけています。

    返信削除
  160. カリスマを警戒せよ。
    『新しい現実』

    「カリスマ待望は集団自殺願望」

    2015年2月14日
    -----------------------

    イカサマを警戒せよ。
    『新しい幻惑』

    「イカサマ幻惑は大量虐殺劇場」

    返信削除
  161. 社会による救済への信仰が終わった後となっては一人ひとりの人間の責任が主役となってもおかしくない。
    『ポスト資本主義社会』

    「社会による救済の終わり」

    2015年2月15日
    -----------------------

    異化様な幻惑による救済物語への清く正しく美しい理念信念信条主義信仰の真っ只中にある今となっては一人ひとりの人間の無責任こそが主役となっている。
    『おカルト異次元国家』

    「新世界秩序による異化様な救済幻想の始まり」

    返信削除
  162. 今日の産業社会に理念のないことが最大の問題である。
    『産業人の未来』

    「自由で機能する社会」

    2015年2月17日
    -----------------------

    今日の幻惑社会に清く正しく美しい理念のあることが最大の問題である。
    『異次元の未来』

    「異化様トリックが機能する幻惑社会」

    返信削除
  163. 政府は成果をあげる能力を取り戻さなければならない。
    『ポスト資本主義社会』

    「政府の再建」
    あなたが公務員であるならば、うまくいっているものに集中することによって成果を高めてください。

    2015年2月18日
    --------------------------

    異次元おカルト政府は幻惑成果をあげる異化様能力をフルに発揮している。
    『おカルト異次元国家』

    「政府の再生」
    かれらが異化様役人であるうちは、目先のうまく誤魔化しがきくものばかりに予算を集中投下して幻惑政策をやめることができない。

    返信削除
  164. 資金ではなく知識が統治の主体となったとき資本主義はいかなる体制を意味することになるのか。
    『明日を支配するもの』

    「知識労働者と経済体制」

    2015年2月25日
    ------------------------

    バブルな予算事業を産み続けるために異化様な知識が統治の主体となったとき異次元おカルト国家は幻惑的な腐朽官僚制に巣食われることになった。
    『今日を支配するもの』

    「腐朽官僚制と異次元体制」

    返信削除
  165. 未来を予測しようとしても無駄である。
    『創造する経営者』

    「未来をつくる2つの方法」
    すでに起こった経済や社会の断絶のうち、あなたの組織にとって機会となりうるものを1つ示してください。その先見の明に実を結ばせるための計画を立ててください。

    2015年3月5日
    ----------------------

    未来の脅威を予知予防しようとするのは無駄ではない。
    『創作捏造する異化様』

    「幻惑未来をつくる2つの異化様トリックの仕込みどころ」
    ①チャンスをものにする機を見るに敏な姿勢
    ②用意周到で念入りなプランニング

    返信削除
  166. 今日の常識が明日の非常識となる。
    『現代の経営』
    『すでに起こった未来』
    『未来への決断』

    「中核たるイノベーション」

    2015年3月9日
    ----------------------

    昨日の非常識が今日の常識となっている。
    『異次元の幻影』
    『すでに繰り返した過去』
    『異次元への決断』

    「中核たるイリュージョン」

    返信削除
  167. 利益の最大化を唯一の目標にすることは間違いである。
    『現代の経営』

    2015年3月16日
    -------------------------

    幻惑のスーパーグローバル化を究極の目標にすることは間違いではない。
    『異次元の幻影』

    返信削除
  168. 部分は全体があってはじめて意味をもつ。
    『変貌する産業社会』
    『マネジメント-課題・責任・実践』

    2015年3月29日
    -------------------------

    幻惑の全体像は部分の異化様な歯車がかみ合い回ってはじめて意味をもつ。
    『豹変する異次元おカルト国家』
    『スーパーマネジメント-ビジョン・ミッション・イリュージョン』

    返信削除
  169. 短期の現象にシステムはない。あるのは混沌である。
    『新しい現実』

    2015年3月30日
    -----------------------

    異次元のおカルト現象にファクトはない。あるのは幻惑である。
    『異化様な幻惑』

    返信削除
  170. 組織の目的は凡人が非凡になれるようにすることである。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「組織の精神」
    常に成果、機会、人事、真摯さに焦点を合わせてください。

    2015年4月3日
    -----------------------

    幻惑組織の手段は異化れた人がカリスマ・リーダーになれるようにすることである。
    『異化様トリックス(エッターナル版)』

    「異化様スピリット」
    常に牽強付会、自作自演、事大主義、我田引水、漁夫の利に焦点を合わせています。

    返信削除
  171. リーダーシップとは人のビジョンを高めることである。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』
    『非営利組織の経営』

    2015年4月6日
    ---------------------

    異化様トリックスとは人の幻惑ビジョンを高めることである。
    『イカサマネジメント(エッターナル版)』
    『異化様組織の幻影』

    返信削除
  172. 1939年当時、人々にできたのは望み祈ることだけだった。
    『「経済人」の終わり』1969年版序文

    「本物のリーダー」
    現実を直視してください。直面することを避けてきた脅威にはどのようなものがありますか。それらの問題を解決するための計画を今日、立ててください。

    (2015年4月12日)
    -------------------------

    2011年当時、人々にできたのは望み祈ることだけだった。
    『「異化様」は嘘の始まり』2015年版序文

    「異次元のリーダー」
    目の前の現実を直視してはいけない。やがてやって来る来ると触れ回ってきた脅威にはどのようなものがありますか。それらの異次元異化様問題を軌道に乗せるための幻惑計画を日夜、立てています。

    返信削除
  173. 産業の衰退の兆候は、能力と意欲のある者に訴える力をもたなくなることである。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「人材の確保」
    優秀な人材を惹きつけ留まらせることについて、能力、意欲、実績の面から具体的な目標を設定してください。

    2015年4月16日
    ----------------------

    異化様な幻惑の兆候は、神の手と捏意のある者が活躍しはじめ頭角をあらわすようになることである。
    『異化様トリックス(エッターナル版)』

    「目利き人材の育成」
    優秀な異化様人材を見つけ出し抜擢することについて、異化様手品技能、コネクション、肩書きの面から具体的な基準を設定しています。

    返信削除
  174. やり直しがきかない最も難しい人事がトップの承継である。
    『非営利企業の経営』

    「トップの承継」
    あなたの組織にとって、5年後における最大の仕事は何でしょうか。その種の仕事について最高の実績をもっているのは誰でしょうか。

    2015年4月20日
    ----------------------

    持続可能な幻惑組織の運営において最も難しい秘術が異化様人材の目利きである。
    『異化様国家の幻影』

    「異化様の継承」
    かれらの異化様組織にとって、5年後における最大の幻惑ミッションは何でしょうか。その幻惑ミッションの異化様な手品の種について最高の実績をもっているクラスターのカリスマ・リーダーは誰でしょうか。

    返信削除
  175. バブル時は怪しげな者までトップにのぼる。
    「ドラッカー特別インタビュー」『ザ・アカデミー・オブ・マネジメント・エグゼクティブ』

    「貪欲と腐敗」
    怪しげな者に気をつけてください。バブル時は、マネーゲームにしてやられやすいですよ。

    2015年4月26日
    ------------------------

    異次元おカルト時代は異化様な者こそトップにのぼりつめる。

    「倒錯と腐朽」
    異化様な者にこそ気配りされています。異次元おカルト時代は、すべてがマネーゲームの様相といってよい。

    返信削除
  176. 知りながら害をなすな。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』

    「プロとしての倫理」
    知りながら害をなしてはいけません。

    2015年4月29日
    -----------------------

    知らないふりで事をなす。
    『イカサマトリックス(エッターナル版)』

    「異化様プロとしての幻惑論理」
    すっとぼけばっくれながら恐怖や脅威に対する不安をあおる。

    返信削除
  177. 技能なくして知識は生産的たりえない。
    『断絶の時代』
    『明日を支配するもの』
    『ネクスト・ソサエティ』

    2015年5月6日
    --------------------

    仙丹欺術なくして異化様トリックは幻惑的たりえない。
    『異次元の時代』
    『今日を支配するもの』
    『イカサマ・トリックス』

    返信削除
  178. 専門化した知識は単独では何も生み出さない。
    『ポスト資本主義社会』
    『未来への決断』

    2015年5月7日
    ----------------------

    仙丹化した異化様知識は何種類かを寄せ集めることによって強力な幻惑を生み出す。
    『おカルト社会主義国家』
    『異次元への決断』

    返信削除
  179. 別れたわけではないが、政府とのロマンスは終わった。
    『断絶の時代』

    「政府とのロマンス」
    新規予算を必要としない社会政策プログラムを考え、地元選出の国会議員に示してください。

    2015年5月10日

    返信削除
  180. 最も堅実なはずの行為が結果として最も投機的な行為になりうる。
    『マネジメント・フロンティア』
    『新しい現実』

    2015年5月11日
    ----------------------

    最もインチキ異化様なはずの幻惑政策が結果として最も科学的な事実になりうる。
    『イカサマトリックス・フロンティア』
    『新しい幻惑』

    返信削除
  181. 企業構造はネットワーク型へと進化する。
    『ネクスト・ソサエティ』

    2015年5月17日
    ----------------------

    幻惑構造はネットワーク型へと進化を遂げた。
    『異次元おカルト国家』

    返信削除
  182. いかに行うかは何を行うかの後に来る問題である。
    『明日を支配するもの』
    eラーニング『知識労働者の生産性』

    2015年5月24日
    ---------------------------

    異化様な実行力は何を行うかの前に在る暗黙の前提条件あるいは既定値である。
    『今日を支配するもの』
    eミッション『異化様労働者の幻惑性』

    返信削除
  183. 知識労働の質の評価は至難に思われる。だが、現実は案ずるよりも産むが易しである。
    『明日を支配するもの』

    2015年5月26日
    ------------------------

    人口減対策にこじつけたあれやこれやの予算は安易に編成される。だが、現実は懸念する以上に産む人が少なしである。
    『今日を支配するもの』

    返信削除
  184. 経営政策について重要なことはうまくいくか、いかないかである。
    『企業とは何か』

    2015年5月27日
    ------------------------

    幻影幻惑ミッションについて重要なことは、うまくいくかいかないかである。
    『異化様とは何か』

    返信削除
  185. かつての組織は権限に基礎をおいていた。これからの情報型組織は責任に基礎をおく。
    『マネジメント・フロンティア』

    2015年6月6日
    --------------------

    かつての幻惑組織は無責任に基礎をおいていた。これからの異次元おカルト組織は持続可能性に基礎をおく。
    『イカサマトリックス・フロンティア』

    返信削除
  186. 大切なのは肩書きではなく責任である。
    『非営利組織の経営』

    (2015年6月9日)
    ------------------------

    大切なのは責任や任務ではなくあくまでも肩書きや看板である。目的ではなく手段である。
    『異次元国家の幻影』

    返信削除
  187. これからは年金基金の保護が最大の課題となる。
    『ポスト資本主義社会』

    「見えざる革命」
    今日の年金制度の欠陥がどこにあるかを考えてください。

    2015年6月15日
    -----------------------

    これからは幻惑政策の堅持が最大の課題となる。
    『おカルト異次元国家』

    「見えない敵との戦い」
    今日の幻惑スキームの基盤がどこにあるかを考えさせてはいけない。ひたすら目くらましにつとめよ。

    返信削除
  188. 資本形成を害することはもはや許されないぜいたくと化した。
    『見えざる革命』

    「年金基金社会主義の成否」
    社会としてどのように資本形成を増大させるかを考えてください。

    2015年6月17日
    -----------------------

    異化様幻惑形成を害することはもはや許されない反体制行動と化した。
    『見えない敵との戦い』

    「世界基金超国家主義の成否」
    異次元おカルト国家としてどのように幻惑形成を増大させるかを考えています。

    返信削除
  189. 私は完全を求めてきた。だからこそ挑戦する責任があった。
    『創生の時』

    2015年6月22日
    -----------------------

    彼らは幻惑を広げてきた。だからこそ異化様なミッションがあった。
    『異次元の国』

    返信削除
  190. ドラッカーの愛した日本絵画/山水画鑑賞「正気に戻る」
    2015年6月25日3時0分

    ◇千葉市などで展覧会

     千葉市美術館の「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画」展は、知日派で知られた米国の世界的な経営学者ピーター・F・ドラッカー(1909~2005年)=写真、1999年撮影=の日本絵画コレクターとしての横顔を紹介している。(文化部 井上晋治)

     コレクションは、室町期の水墨画を中心に禅画や文人画など計200点余に上る。国内展は1986年の巡回展以来。今回は絵画計111点のほか、手紙や遺品などの資料も並べ、人物像にも迫っている。

     オーストリア出身のドラッカーは生前、日本美術との出会いについて、34年6月のロンドンで雨宿りした時に偶然見た日本美術の展覧会で魅了されたと語った。移住した米国では戦時中にワシントンのフリーア美術館で室町期の山水画を鑑賞し、「正気に戻るような思いがした」と振り返っていた。

     収集は59年の初来日の時が最初で、室町期の異色の水墨画家である式部輝忠しきぶてるただの扇面画「渓流飛鴨ひおう図」と、清原雪信ゆきのぶの「芙蓉ふよう図」を購入した。以後、雪村周継せっそんしゅうけいらの希少な水墨画から、白隠などの禅画、人間味あふれる谷文晁たにぶんちょうらの文人画に及んだ。

     「日本美術の特色は、概念ではなく知覚、写実ではなくデザイン、幾何ではなくトポロジー、分析ではなく統合であるといえよう」「日本の伝統を貫いている『知覚力』は日本の経済的、社会的発展の基盤となっているものと考えられる」

     余白を生かす日本絵画独特の空間構成を、トポロジー(位相幾何学)という数学分野に例え、西洋画や中国画と区別したドラッカー。会場を飾る名言には、日本社会を多角的に解析した鋭敏な知性がにじむ。28日まで。7月11日~8月23日に長野県信濃美術館(長野市)、10月30日~12月6日に山口県立美術館(山口市)に巡回する。

    ◇山下裕二・明治学院大教授に聞く/知名度より面白さで収集

     戦後、欧米でなぜ日本美術が収集され、愛好されたのか。実態に詳しい山下裕二・明治学院大教授(日本美術史)に聞いた。

     1950~70年代、熱心な日本美術の収集家が米国に次々と現れた。伊藤若冲にいち早く注目したジョー・プライスさんを始め、パワーズ夫妻やバーク夫妻、国際オリンピック委員会のブランデージ元会長などが有名だ。

     背景には様々な要因がある。そもそも明治時代に岡倉天心が積極的に日本美術を紹介して以来、欧米で関心は高まっていた。第2次大戦後は、困窮した日本の名家や寺社が代々伝わる美術品を手放す。当時は1ドル=360円で、米国人にとって、いいものが安く手に入った。禅画は世界的な仏教哲学者、鈴木大拙の影響で、研究も日本より米国の方が先行したほどだ。

     90年代初めに米国を訪れ、プライスさんの紹介でドラッカーさんにお会いしたが、とても物静かな印象を受けた。86年の巡回展も見たが、コレクションはとてもユニークで、希少な画家作品が多い。旧来の格付けに弱い日本人と違い、知名度よりも自身が面白いと思う絵に注目したため、雪村などの優品を割合安価で購入できた。

     やがて日本国内に増えた公立美術館も日本美術を収蔵するようになり、1級品は次第に市場に出回らなくなる。次世代が育たなかった理由もその辺りにある。
    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20150624-118-OYTPT50420

    返信削除
    返信
    1. [本よみうり堂]人類と芸術の300万年 デズモンド・モリス著 柊風舎 1万2000円
      2015年3月29日3時0分

      人間臭いアート史

        評・松山 巖(評論家・作家)

       本書のサブタイトルは〈アートするサル〉。

       かつて『裸のサル』で人間と類人猿との共通性と共に、人間の進化への諸々の行動を検証した動物学者モリスらしく、まずチンパンジーも絵を描く事実を紹介する。だが人間の子どもは、直すぐにチンパンジーの知能を超え、あたかも我々の祖先が象形文字を生みだしたように、写生する対象を単純化して描く。そこからモリスは先史時代の発掘された石像や壁画に眼めを転じ、人間とアートの長い歴史を辿たどってゆく。

       モリスは若き日から六十年以上かけ、資料を集め、八十五歳になって本書を書き出した。

       それだけに彼は、まず人間は他の動物と異なり、アートと科学と宗教の三つの活動を行うと説明し、アートを「日常的なものから非日常的なものを作り出すこと――脳を楽しませるために」と定義する。アートは狩猟社会であれ、大猟や弔いなど、常に行う必要がないにも拘かかわらず特別な事件と強調し、飾り、記録することから誕生した。しかも宗教がアートと密接に結びつくとアートは硬直化し、変化に乏しくなる。古代文明もヨーロッパ中世も、この説を裏付ける。科学も同様にアートへ影響を及ぼす。

       通読すれば、モリスの関心の向きはルネサンスであれ、バロックであれ、最盛期の作品よりも変革を起こした作品に注目するようだ。つまり彼はアートの歴史を人間臭い歴史として記述する。この歴史観は現代に近づくほど明確になる。科学が発展し、写真が生まれ、映画もテレビも生まれ、風景や戦闘を再現し、描写する必要が絵画にはなくなり、二十世紀に入ると、新しい実験へと向かうようになる、と。

       東洋美術論は少なく、日本ではトラックの装飾だけなのは残念だが、モリスの説は生け花や茶の湯にも敷衍ふえんできるだろう。いや、理屈よりモリスが蒐集しゅうしゅうした美術資料を楽しんだ方がいい。どのページも非日常的で面白い。つまり本書は彼の作ったアート作品なのだ。別宮貞徳監訳。
      http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20150329-118-OYTPT50026

      削除
  191. 経済発展はそれ自体が目的ではない。人間の目的達成のための手段にすぎない。
    『「経済人」の終わり』

    2015年6月28日
    ----------------------

    研究開発推進事業はそれ自体がネタにすぎない。幻惑組織の予算山分け(配分)仕事のための手段でしかない。
    『「異次元」の始まり』
     

    返信削除
  192. 明確でシンプルな事業の定義が成功する企業の特徴である。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』
    『未来への決断』

    2015年7月1日
    ----------------------

    インチキで異化様な幻惑ミッションの定義が異次元おカルト国家の特徴のガイドラインである。
    『イカサマトリックス(エッターナル版)』
    『異次元への決断』

    返信削除
  193. 経営環境と使命と中核的能力は平仄が合っていなければならない。
    『マネジメント(エッセンシャル版)』
    『未来への決断』

    2015年7月3日
    ---------------------

    異次元おカルト環境と幻惑ミッションと異化様能力はつねに辻褄を合わせておかなければならない。
    『イカサマトリックス(エッターナル版)』
    『異次元への跳躍』

    返信削除
  194. 事業の定義とは規律である。
    『未来への決断』

    2015年7月4日
    -------------------

    幻惑ミッションの定義とは異化様な統制である。
    『異次元への跳躍』

    返信削除
  195. 進行性の病は先延ばしにしても治らない。思い切った措置が必要である。
    『未来への決断』

    2015年7月5日
    ---------------------

    医科様な難病はどんなに研究を進めても治らない。予算をたっぷり盛った研究プロセスこそが大事なのである。
    『異次元への跳躍』

    返信削除
  196. カイゼンは積み重ねによってすべてを変える。
    『明日を支配するもの』

    2015年7月11日
    ----------------------

    イジゲンでは畳み掛けによってすべてを変幻自在にする。
    『今日を支配する幻惑』

    返信削除
  197. ギャップの存在は欠陥の存在を意味する。
    『イノベーションと起業家精神』
    eラーニング『変化の駆動力』

    2015年7月15日
    ------------------------

    インチキ異化様の存在は幻惑の存在を意味する。
    『イリュージョンと異化様スピリット』
    eミッション『幻惑の異次元』

    返信削除