2018年2月20日

21世紀末、地球温暖化によって熱中症による搬送者数が倍増する

( 今世紀末、地球温暖化によって熱中症で病院に運ばれる人は2倍になる 改め)

21世紀末 気温最大5.4度上昇…環境省など報告 熱中症患者 倍増
2018年2月17日 読売新聞
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180217-118-OYTPT50147

>環境省などは16日、地球温暖化による気候変動がもたらす国内の影響についてまとめた報告書を公表した。21世紀末の日本の平均気温は20世紀末と比べて最大5・4度上昇。地域によっては熱中症による搬送者数が倍増し、農業や漁業にも様々な影響が出ると予測している。

(追記2/20 2018)
-------------------------

@驚く嫁売珍文斜説…(笑)。

【社説】熱中症予防 夜でも暑ければ冷房を使おう
2014年7月26日 読売新聞

 各地で連日、猛暑が続いている。体が暑さに慣れないこの時期は、熱中症が急増する。予防を心がけたい。

もっと多くの人が、漢方薬という選択肢があることを知ってほしい。

( NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版|主婦と生活社 の続き)

2018/2/13
漢方のチカラ vol.5
呼吸器疾患への有用性を実感
相良 博典(昭和大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー内科学部門 教授)
http://www.yomiuri.co.jp/adv/kampo/interview5.html

>漢方薬は複数の生薬を組み合わせてできているため、処方する医師はそれぞれの特性をよく理解しておかなければなりません。ここを理解した上で使えば、漢方薬は西洋薬ではできない部分をしっかり補ってくれると実感しています。

【IT・ネット】量子コンピューターとは?

世の中、これまでもこれからも、けっして計算どおりに動いているわけではない…

量子コンピューターの国際会議 東京で開催
2017年6月26日 19時26分 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170626/k10011031041000.html

>コンピューターをはるかにしのぐ計算能力を発揮すると期待されている「量子コンピューター」の最新の研究成果について話し合う国際会議が、グーグルやNASA=アメリカ航空宇宙局など世界トップレベルの研究者が参加して、26日から東京で開かれています。人工知能や画期的な新薬の開発など私たちの生活にどのように影響していくのか注目されます。

気象庁「今冬の記録的な低温と大雪は、ラニーニャ現象の影響」

気象庁「長期間の低温に関する全般気象情報」(2018年1月30日) の続き)
気象庁「北陸と中国地方、それに九州北部で春一番が吹いた」@2018年2月14日 改め

「ラニーニャ現象」の影響と気象庁分析 この冬の低温と大雪
2018年2月16日 4時32分 NHKニュース

この冬、東日本や西日本で平年に比べて気温が低く、ところによって記録的な大雪となっている要因について、気象庁は「ラニーニャ現象」の影響で日本付近に強い寒気が流れ込みやすくなっているためだと分析しています。

気象庁によりますと、去年12月以降、日本付近には強い寒気が断続的に流れ込み、14日までの平均気温は、西日本では平年を1.7度下回って、かなり低くなっているほか、東日本でも平年を0.9度下回り、低くなっています。

先月下旬から今月にかけては、数年に1度の非常に強い寒気がたびたび流れ込み、今月7日には福井市で積雪が1メートル40センチを超え、37年前の「昭和56年豪雪」以来となる積雪を観測するなど、各地で記録的な大雪となりました。

2018年2月18日

2018年 平成30年 戌年「犬も歩けば棒にあたる」★2

2018年 平成30年 戌年「犬も歩けば棒にあたる」 の続き)

そのあいだに目的を持った奴がちゃくちゃくと準備をしてる…

NHK「ピョンチャン五輪」ニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/word/0000284.html
https://www3.nhk.or.jp/news/special/pyeongchang2018/index.html

「三菱マテリアル会見 グループ内で新たな不正」(2/8)
https://www3.nhk.or.jp/news/realtime/rt0000158.html

「北陸で記録的大雪」(2/6~)
https://www3.nhk.or.jp/news/realtime/rt0000153.html

【厚生労働省】がんの「ゲノム医療」 中核11拠点病院

( 「ゲノム医療」と「中核病院」「拠点病院」@厚生労働省 の続き)

がん「ゲノム医療」 全国11病院を拠点に提供へ
2018年2月14日 20時31分 NHKニュース

がん患者の遺伝情報を基に最適な治療薬を選ぶ「ゲノム医療」について、厚生労働省は全国の11病院を地域で中核となる拠点病院に選び、新年度から地域の病院と連携して「ゲノム医療」を提供することになりました。

近藤 誠 『ワクチン副作用の恐怖』

( 上に「がん対策」あれば、下に「セカンドオピニオン」あり の続き)

>必要もないのに、最悪の場合死ぬかもしれない。そんな「予防治療」がまかり通っている。専門家は戦慄すべき毒性をひた隠し、事故が起きても自己責任。本書で正しい自己決定を。



2018年2月17日

気象庁「長期間の低温に関する全般気象情報」(2018年1月30日)

( 気象庁「ラニーニャ現象続き、冬型強まる 」(2018年1月11日) の続き)

昨年秋の「長期予報」がどんどん修正を余儀なくされて…

2月前半も強い寒気流れ込みやすい状態続く 大雪のおそれ
2018年2月2日 4時48分 NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180202/k10011312141000.html

>今月前半も引き続き強い寒気が流れ込みやすい状態が続く見込みで、全国的に気温が低くなり、日本海側を中心に大雪となるおそれがあります。気象庁は最新の気象情報に注意するよう呼びかけています。

(追記2/2)
-------------------------------

これから2週間程度 低温続く見込み 気象庁が情報発表
2018年1月30日 17時08分 気象 NHKニュース

非常に強い寒気の影響で、この1週間程度、ほぼ全国的にかなり気温が低く、平年を3度前後下回る状態が続いています。これから2週間程度も気温の低い状態が続く見込みで、気象庁「長期間の低温に関する全般気象情報」を出して、路面の凍結や体調の管理などに十分注意するよう呼びかけています。

読売社説「自衛策に努めて感染を防ごう」(2017年12月28日)

( 読売社説「感染予防には、日頃の心がけが何より重要だ」 改め)

インフルエンザ 自衛策に努めて感染を防ごう
2017年12月28日 読売新聞「社説」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20171227-OYT1T50116.html

>咳やくしゃみの飛沫を吸い込んで感染することが多い。ドアノブなどに付着したウイルスが、手を介して体内に入る場合もある。
>手洗いを励行する。体力を維持するため、睡眠と食事をしっかりと取る。呼吸器官の防御機構を維持する上で、加湿器で湿度を保つのも有効だ。外出時には、出来るだけ人混みを避けたい

言うは易く行うは難し…

(追記 2017/12/29)
-------------------------

すごいのキタコレ(笑)。

「個人個人がしっかりと感染予防に努めることでインフルエンザの流行は最小限に抑えられ、社会を守ることができるっ!」
(2015.1.25 産経新聞「主張」)
http://www.sankei.com/column/news/150125/clm1501250001-n1.html

まるであの「快物フランチェン」

(追記1/25 2015)
----------------------------

病気に罹るな、罹ったら病気を人に伝染(うつ)すな、ウイルス感染を広げるな(笑)。