2014年6月28日

緊急走行中の京都府警パトカー、スピード違反で兵庫県警に検挙(笑)


緊急走行中のパトカーをスピード違反で検挙
2014年6月28日 12時05分 NHKニュース

兵庫県内の高速道路を緊急走行していた京都府警のパトカーが、ことし2月、定められた最高速度を45キロ上回る時速145キロで走行したとして、兵庫県警にスピード違反で検挙されていたことが分かりました。

兵庫県警によりますと、ことし2月、中国自動車道を大阪方向から兵庫県の西宮名塩サービスエリアに向けて緊急走行していた京都府警の高速隊のパトカーが、定められた最高速度を45キロ上回る時速145キロで走行したということです。
設置されたスピード違反取締り機で測定され、兵庫県警はパトカーを運転していた京都府警の20代の巡査長を道路交通法違反の疑いで書類送検し、そのあと、検察が起訴猶予にしました。京都府警によりますと、パトカーは「当て逃げされた」という通報を受けて出動し、通報者がいる西宮名塩サービスエリアに向かっていたということです。
京都府警は先月、巡査長を所属長訓戒、同乗していた巡査部長を本部長注意としました。
道路交通法では、取締まりなどのため緊急走行している警察車両が最高速度を超えることを例外的に認めています。しかし、兵庫県警は「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はないと判断した」としています。緊急走行中のパトカーがスピード違反で検挙されるのは異例だということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140628/t10015580091000.html